松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

松江水郷祭 湖上花火大会

2012年7月31日

蔵人 斎藤です。

7月28日29日、松江水郷祭が開催されました。
宍道湖畔で催されるこの祭、ステージや屋台などで賑わいますが、
最大の目玉はなんといっても宍道湖を染める花火大会でしょう。
初日に3,000発、二日目に6,000発の合計9,000発。
山陰最大規模の花火大会です。

今年は神話博しまね開催記念イベントとして『よみがえる はじまりの物語』が
花火構成のテーマになっているということです。

さて、松江も連日猛暑が続いているため、日中は体力を温存して花火大会に備えます。

まずは初日。

20120728_suigousai_hanabi_b.jpg

この日の目玉は、「鳳凰」をイメージしたスターマイン。
正面からだと羽を広げた鳳凰のように見えたらしい。

実はこの数日前に「花火はね、どこで観るかより、誰と観るかの方が大事だから」
と言い負かされてしまっているのですが、やはり観る場所が大事です。

そして二日目。日が暮れてから出かけます。
まずは宍道湖南岸の袖師公園・夕日テラスあたりから場所探し。
個人的にお気に入りのスポット。でも市街地から離れてることと周りに屋台がないので注意。
20120729_suigousai_hanabi_a.jpg

前日、宍道湖に浮かぶ唯一の島、の嫁ヶ島に歩いて渡るというイベントも開催されています。
実は湖底に参道があって歩いて渡れるのです。

20120729_suigousai_hanabi_b.jpg
ここは県立美術館付近、岸公園と呼ばれる場所。
湖岸も次第に埋まってきましたが、まだまだのんびりしています。
20120729_suigousai_hanabi_c.jpg

左上に見えるのが打ち上げ台船のひとつ。ここは花火との距離が近くて迫力満点。
そのため風向きによっては観覧場所を移動しなければならない場合もあります。

20120729_suigousai_hanabi_d.jpg

東風が吹いていたので宍道湖南岸の袖師公園からぐるっと回って、落ち着いたのは東岸の白潟公園。
宍道湖大橋の南詰にあたります。
ここでカメラをセッティングしていると「隣で(自分も)撮ってよろしいですか」と声を掛けられました。
いろいろ話すとこの方、なんとメルマガ読者ということが判明。
30万人を超える人出(2日間)の中でなんという出会いでしょう。いつもご愛読ありがとうございます。

などと話しているうちに花火大会開始。

20120729_suigousai_hanabi_e.jpg
そしていきなりのスターマイン!
20120729_suigousai_hanabi_f.jpg

会場のテンションあがっってます。
なかには初めて見るような新しいタイプの花火も見られ・・・
さて、この日の目玉の一つに「ヤマタノオロチ退治」をイメージした花火があったそうで←後で知った
20120729_suigousai_hanabi_g.jpg

水中割もありの
20120729_suigousai_hanabi_h.jpg

20120729_suigousai_hanabi_i.jpg

圧巻のフィナーレ\(^0^)/
会場には拍手が沸き起こっております。

今年も素晴らしい花火をありがとうございました。

 

検索

カレンダー

月別アーカイブ