松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

吟醸酒の上槽

2013年2月25日

こんにちは、蔵人の柴田です。
今、蔵では1月後半に仕込んだ吟醸酒の上槽(しぼること)が続いています。
以前もここで紹介しましたが、吟醸酒の仕込みは全て木槽という道具で搾ります。
今日はその様子を紹介します。
20130226-1.jpg
酒袋に醪(もろみ)を入れ並べていきます。
見た目以上に酒袋は重たいですし、
バランスよく並べていくのはとても難しいのです。
20130226-2.jpg
一晩搾ったら次の日「直し」と呼ばれる作業を行います。
木槽の中に入り、上の写真のように酒袋を真ん中に集まるように積み替えます。
20130226-3.jpg
さらに一晩、強い圧力をかけて搾るとどろどろとした液状だった酒袋の中身は板状になります。
これが酒粕です。
粕を剥ぐのも当然ひとつひとつ手作業で行います。
薄くなってたりすると剥がしにくいんですよね。