松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

地伝酒の火当て

2013年8月13日

こんにちは、蔵人の柴田です。
昨日8月12日、地伝酒の火当てを行いました。
以前、ここでも何度か紹介したことがあると思いますが、
「火当て」とは搾ったお酒に熱を加えて殺菌することをいいます。
地伝酒も冬に搾る日本酒と同じようにこの「火当て」を行います。
20130813-1.jpg
上の写真のタンクの中には熱湯が入っていてその中に管を入れ、お酒を通します。
やることは日本酒の時と変わりません。
ただ、大きく違うのは気温です。
冬場の蔵は寒いので火当ての時はあたたかく感じられるのですが、
夏は暑いです・・・。
汗だくになって、無事地伝酒の火当てが終わりました。
これで7月から続いていた地伝酒・みりんに関する作業は一段落です。

今年の夏は全国的に猛暑のようですが、蔵も瓶詰場も尋常じゃない暑さです。
みなさんもくれぐれも健康にお気を付けてくださいね。