松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

中秋の名月と宍道湖

2013年9月30日

9月19日は中秋の名月でした。

中秋の名月は必ずしも満月ではないそうで、次回に中秋の名月と満月が重なるのは2021年!とのこと。そしてなんといっても今年は雲ひとつない快晴が続き絶好のお月見日和となりました。

さて、松江の宍道湖といえば美しい夕日が見られる、ということで日没時の宍道湖夕日スポットは最近特に多くの観光客で賑わっています。

日没が美しいならこの満月の月没はどうなんだ、と思って出かけてみました。

雲州松江の風景 20130920 中秋の名月 05

 

9月19日仲秋の名月当日、仕事終わりに車を飛ばして出雲空港近辺へ。
すでに大きな満月が松江市街の上に現れてました。思った以上に松江市街、灯りが乏しいです。。。

雲州松江の風景 20130920 中秋の名月 03

ささっと家に戻って、杯に月を浮かべて月見酒。満月を飲みこんでパワーをいただきます(笑)

雲州松江の風景 20130920 中秋の名月 02

ちなみにこの酒器は、米田酒造と同じ町内にある「松江陶苑 火の川焼」さんの作品。
出雲石灯ろうに使われる島根県特産の来待石の石粉からできた粘土が使ってあります。

夜も明けようとする頃、宍道湖夕日スポットに出かけてみると、嫁ヶ島につながる光の参道が現れていました。
雲州松江の風景 20130920 中秋の名月 01.jpg

じつは、宍道湖の湖底に参道があり嫁ヶ島に歩いて渡れるのは今や良く知られた話で、近年毎年夏の水郷祭の時に水中を歩いて渡るイベントが催されています。そして今度の10月12(土)13(日)14(月)の三連休は船で嫁ヶ島に渡ることができます。詳しくは→をクリック 仲秋の嫁ヶ島(水の都プロジェクト協議会HP) http://mizu-miyako.com/

雲州松江の風景 20130920 中秋の名月 04

夜も明け始めたころ、漁船のエンジン音が聞こえ始めたと思ったらシジミ漁が始まってました。2013年の十五夜はこのように素敵な光景を見ることができました。

おや、なんということでしょう!記事を書いているうちに、十五夜のお月見をしたらもう一つの名月である十三夜のお月見もしないと「縁起が良くない」ということを知ってしまいました。2013年の十三夜の月は10月17日(木)です。今度はお燗酒でお月見を楽しみたいですね。蔵人 斎藤でした。