松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

松江を舞台にした2000字のMOTOZAKEストーリー配信!

2014年2月13日

新聞などで紹介されてご存知の方も多いかと思いますが、米田酒造では2013年10月にカクテルベース専用日本酒「豊の秋 MOTOZAKE 純米」を発売しました。

少量生産だったためすぐに売り切れてしまったことや、蔵入りと重なり手が回らずウェブでのご紹介が遅れております。現在、25BYのMOTOZAKEを仕込中です。新酒が出来ましたらMOTOZAKEで作るSAKEカクテルの愉しさをお伝つたえしてまいりたいと思っています。

”MOTOZAKE”とはなにか?ぜひMOTOZAKE公式サイトをご覧ください。
http://motozake.com/

これまでも日本酒カクテルの提案はありましたが、MOTOZAKEのコンセプトに”Farm to glass”(ファーム・トゥ・グラス)、地元の旬のフルーツや野菜と地酒をひとつのグラスに入れて、その(蔵元のある)地域の魅力を発信するというものがあります。島根には豊かな自然と優れた生産者による魅力あるフルーツや野菜があり、また、神話と歴史に彩られた土地でもあります。その島根の魅力をひとつのグラスにして全国そして世界に発信する!これはなんと素晴らしいことじゃないかと、"豊の秋"からもMOTOZAKEを発売するすることにしたのです。

その「豊の秋 MOTOZAKE 純米」の発売に合わせ、SAKEカクテルセミナーも開催いたしました。

このときの様子を大変よくまとめてくださった参加者の方のブログがあるのでそちらをご覧ください。

「おいしさ満載風土記」http://blog.goo.ne.jp/oishimane より

地元を丸ごと詰め込んで…!SAKEカクテルセミナー in 島根☆
地元を丸ごと詰め込んで…!SAKEカクテルセミナー in 島根☆ 2 
地元を丸ごと詰め込んで…!SAKEカクテルセミナー in 島根☆ 3
地元を丸ごと詰め込んで…!SAKEカクテルセミナー in 島根☆ 4
地元を丸ごと詰め込んで…!SAKEカクテルセミナー in 島根☆まとめ

また”MOTOZAKE”は様々な分野とのコラボレーションが特徴的でもあるのですが、その一つが超短編小説ナノベルとのコラボ。

ようやく本題なのですが(笑)、
各地蔵元のMOTOZAKEをテーマにしたMOTOZAKEストーリーに2/14発刊号にてとうとう島根(松江)が登場します!
MOTOZAKEストーリーはスマートフォンの無料アプリにて読むことができます。
http://www.nanovel.jp/motozake/

このタイミングに豊の秋 MOTOZAKEが無い!ことが大変心苦しいのですが、このストーリーを読んで、4月頃になるかと思いますが新酒の発売を期待していただけると大変うれしいです。

MOTOZAKEとSAKEカクテルに興味を持たれた方はぜひ、MOTOZAKE発信源である東京銀座のSAKE HALL HIBIYA BAR に行ってみてください。

SAKE HALL HIBIYA BAR
東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル 地下1階
http://www.hibiya-bar.com/shop/sake_hall/

蔵人 斎藤でした。