松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

松江の新特産 松江いわがきを食べる!しまね いわがき祭2014

2014年5月30日

島根のイワガキと言えば隠岐イワガキが有名ですが、「豊の秋」のご当地松江でもイワガキの養殖とブランド化が進められており、漁師さん自ら松江いわがきのPRイベントを行っています。そして今年初めて「しまね いわがき祭2014」が開催されました。同じ島根でも隠岐と松江では、やはり生まれ育った松江に情が入るわけでありまして、松江いわがきの応援に食べに行ってまいりました、蔵人 斎藤です。

しまねいわがき祭2014 10
松江いわがき養殖の中心地、島根県松江市島根町野井。

この漁港から少し離れた多目的施設が今回のイベント会場。潮の香りと波の音が心地よい場所です。島根町は島根半島の北側、松江市街から一山超えた所にあります。

しまねいわがき祭2014 02しまねいわがき祭2014 01

初日開始30分後はまだのんびりしているようですが、この後すごい人出に。大盛況で昼すぎにはカキが売り切れてしまい、「今漁港に取りに行ってるから待っちょって」な状況。僕の知人も話を聞きつけ2日目の昼に出かけたのですが、追加分もすべて完売だったそうです。出雲地方の人は時間になってからようやく動き始めるというゆっくりしたところがあるのですが、もはやこの手のイベントはノンビリしてたらモノにありつけません。

しまねいわがき祭2014 07しまねいわがき祭2014 03

イワガキは蒸し焼きでの提供、1個350円という大特価。漁師のおじさん(おじいちゃんと言った方が近いかも^^;)自ら焼いて殻を剥いてくれます。出雲弁が飛び交い温かい雰囲気です。

しまねいわがき祭2014 05しまねいわがき祭2014 06

しまねっこもPRに一役。殻が剥いてないので食べられにゃいと憤ってました。。。

しまねいわがき祭2014 04

そして面白いところは「かき講習会」と称して漁師さん自ら殻むき講習。参加費はこれもイワガキ代のみ350円!ということで参加。
席にはペンチが置いてありビックリですが、これで殻の端を欠き、それで出来た隙間にナイフを入れて貝柱を切るということ。殻を飛び散らかして汚いことになりましたが無事に殻を剥いて食べることができました。身はプリプリしててエキスたっぷり、美味しかったです。

しまねいわがき祭2014 07しまねいわがき祭2014 09

この松江いわがきを食べ逃した方、6月8日(日)に松江市カラコロ工房を会場にした「松江こだわり特産市」で食べられそうです。
詳細は↓↓をクリック

「松江こだわり特産市」

 

検索

カレンダー

月別アーカイブ