松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2014年12月のアーカイブ

さようなら洗米機

酒蔵はいま | 2014年12月28日

こんにちは、蔵人の柴田です。
先日、洗米機の解体工事がありました。
蔵人みんなが「さみしいね」と口にしていました。
それもそのはず、今の杜氏が入社するよりも遥か前からこの蔵の中にあり、冬の間お米を洗い続けてきたのです。
見ると、1971年製と書いてありました。
僕が生まれる前からこの蔵にあったのでしょうか。
個人的にも、ずっと洗米を担当していることもあり、いろいろな思い出が染み込んだ洗米機です。
20141216-1.jpg
ただ、相当ガタがきており、動かなくなるまで時間の問題でした。
長い間お疲れさまでした、と言いたいです。
20141216-2.jpg
こちらが新しくやってきた「3連圧密式洗米機」。
小さいですが、かなりの優れものです。

詳しくはまた後日、作業に慣れてきた頃に。

 

甘酒

酒蔵はいま | 2014年12月25日

20141224-1.jpg
こんにちは、蔵人の柴田です。
今年も日本酒の仕込みの間に甘酒の仕込みもやっています。
上の写真の水やお酒を入れて運ぶための道具、「ため桶」で少しずつ造っています。
とても好評で、先月発売になるとすぐ売り切れてしまいました。
隠れた人気商品です。
お酒の飲めないお子さんにも飲んでいただけますよ。

 

木槽しぼり

酒蔵はいま | 2014年12月23日

20141223-1.jpg
こんにちは、蔵人の柴田です。
今日は、今年最初の木槽によるしぼりでした。
先輩蔵人がなれた手つきで酒袋を次々と並べていきます。
今日しぼったのは純米酒。
自動圧搾機でしぼったものと味わいにどのような違いがあるのか興味深いところです。

新酒第一号

酒蔵はいま | 2014年12月12日

こんにちは、蔵人の柴田です。
本日、12月12日、今年の新酒第一号を搾りました。
正確には、今もまさに搾っている途中です。
20141212-1.jpg
今日は朝から仕込みの最中も上槽のことが気になっていました。
楽しみよりも不安や心配の気持ちの方が強く、
無事、搾れた後の今は嬉しさより安心の気持ちの方が強い、
というのが正直なところです。
20141212-2.jpg
早速、まさにしぼりたての新酒をきき酒しました。
新酒らしい爽やかな味が口の中に広がりました。
新酒はこの感じだったよな、というのを思い出しました。
早く、みなさんに飲んでもらいたいです。

一つの目標は通過しました。
まだまだ先は長いです。
明日からも気をひきしめて、目の前の仕事をひとつひとつやっていきます。

しぼりたてのお酒は発売が決まり次第、ホームページでお知らせします。
もうしばらくお待ちください。

間もなく初しぼり

酒蔵はいま | 2014年12月9日

こんにちは、蔵人の柴田です。
20141206-1.jpg
こちらは何の写真かわかりますか?たぶん、蔵人しか写せない写真です。
お酒を搾る機械、自動圧搾機を上から撮影しました。
毎日、仕込みは絶え間なく続いていますが、
もうすぐ、今酒造期最初の搾りも近づいてきました。
そんなわけで、仕込みや洗米の作業の合間に自動圧搾機の準備もしています。
20141206-2.jpg
                ↓
20141206-3.jpg
夏の間、裸にしていた濾過板、圧搾板、二種類の板。
それぞれよく洗浄し、交互にはめこみ、カバーを被せていきます。
この板と板の間に醪が入り、圧が加わり、お酒が搾られます。
そして、この板と板の間に残るのが酒粕です。
今年は板の数も増えたので気が遠くなるような作業です。

間もなく、今年の新酒のお知らせができると思います。
楽しみにお待ちくださいね。

仕込み仕込み

酒蔵はいま | 2014年12月5日

こんにちは、蔵人の柴田です。
毎年のことですが、腰痛に悩まされています。
重いお米を運ぶ仕事なので職業病と思ってだましだましやっていきます。
もし何かいい解消法を知っていたら教えてください。
 
さて、蔵では仕込み仕込みの毎日が続いています。
今日は、8本目の仕込みが終わりました。
 
今日は「仕込み」とは具体的にどんなことをしているのかを紹介しようと思います。
(今回紹介するのは普通酒の仕込みで、吟醸酒はまた違った方法で仕込みます)
20141205-1.jpg
まず、朝一番にその日仕込むタンクに前の日麹室から出てきた麹米を投入します。
20141205-2.jpg
お米を蒸している間に仕込み水をタンクに送ります。
20141205-3.jpg
そして、蒸し上がった掛米は放冷機を通り、適温に冷まされ、
その先につながっているシューターホースという太いホースの中を空気の力でタンクに送られます。
20141205-4.jpg
シューターホースの先はこんな感じになっていてタンクの中にぱらぱらと落ちていきます。
こんな作業を毎日繰り返し行っています。

普通酒の仕込みが一段落し、これからの時期は吟醸酒の仕込みに入ります。