松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2015年1月のアーカイブ

吊下げネット

酒蔵はいま | 2015年1月29日

こんにちは、蔵人の柴田です。
お米を蒸す機械、甑(こしき)にお米を入れる方法が今酒造期から変わりました。
以前は、ベルトコンベアにお米を流して、甑に入れていましたが
今年は、吊下げネットという新しい道具が導入されたのです。
言葉で説明するよりも写真を見てもらった方が早いと思うので。
20150105-1.jpg
ネットの中にはいっぱいのお米が入っています。それを引っ張り上げ、
20150105-2.jpg
スライドさせ
20150105-3.jpg
下についている紐をほどくと米が出てくる仕組みになっています。

以前と比べて、吊下げネットを使うとスムーズに甑の中に米が入れられますし、
コンベアだとどうしてもお米が隙間にもれたりしていたのですがそれもなくなりました。

今は、箱とスペースの関係で両方併用していますが、将来的にはこちらの方に移行していく予定です。

今年の米田酒造はいろいろなことが変わっています。
 

立春朝搾りまでもうすぐ

酒蔵はいま | 2015年1月26日

こんにちは、蔵人の柴田です。
今蔵では大吟醸の仕込みをやっているところです。
やはり大吟醸はいつも以上に気をつかいます。

さて、今年も立春が近づいてきました。
大吟醸の仕込みと同時に、今年の初め頃に仕込んだ「立春朝搾り」の醪がゆっくりと発酵しています。
ご存じの方もおられるかもしれませんが、「立春朝搾り」というお酒は
立春の朝に搾るということがあらかじめ決まっているので、その日に向けて醪の管理が大変なお酒なのです。
20150126-1.jpg
これが昨日の夜の醪の状態です。

毎年縁起物のこのお酒を楽しみにしているお客様もたくさんいます。
今年はどんな仕上がりになっているのかお楽しみに。

「立春朝搾り」は予約販売制です。
明日、1月27日(火)が予約の締切です。
今からでも間に合います。
島根鳥取の日本名門酒会加盟店までお問合せ下さい。
豊の秋」の「立春朝搾り」が買えるお店はこちら→★
 

ニューヨークの日本酒イベント The Joy of Sake

酒蔵はいま | 2015年1月14日

こんにちは、野田です。
めでたく年が明けました。とはいえ、蔵のなかは年の瀬の慌ただしさが続いているような気分でしょうか。
お酒が搾りあがる度に、蔵人の皆さんには頭が下がる思いです。「じゃまてご」(出雲弁です)みたいなもので申し訳ないながら、僕もちょこちょこ手伝いに行きます!

さて、蔵でがんばる柴田さんからの催促がありましたので......こちらでのご報告がないままだったThe Joy of Sake(ジョイ・オブ・サケ)についてのお話です。
初出品した2013年、豊の秋の鏡開きで始まり、盛大に行われたニューヨーク会場。
kagamibiraki2013ny.JPG
それからちょうど1年後の2014年秋、現地の日本酒ファンで溢れかえった世界最大規模の祭典に参加してきました。

ジョイ・オブ・サケは酒造技術者の二瓶孝夫さんの功績を讃え(詳しくはこちら)、「日本酒の真なる魅力を米国の人々にもっと伝えたい」という思いから始まりました。2014年で開催14回目となり、これまでに2万人以上のご来場者をお迎えしています。
2014年もホノルルで幕開けし、ニューヨーク、東京と日米各地を巡回して開催されました。
ニューヨークの会場は、マンハッタンのチェルシー地区にあるアルトマン・ビルディングです。
JOS2014ny12.JPG
歩いて数分のところには、アンディ・ウォーホルやボブ・ディランなど芸術家やアーティストたちが集まったというランドマーク、ホテル・チェルシーがあります。世界中の写真家の作品にもなったフラットアイアン・ビルディングもすぐそば。こういうのが大好きな人にはたまらないロケーションですよね。

そうこうしているうちに、お昼頃から続々と荷物が到着。
JOS2014ny2.JPGJOS2014ny1.JPG
JOS2014ny30.JPGJOS2014ny33.JPG

米田酒造ブースも準備完了です。
JOS2014ny6.JPG

2014年のジョイ・オブ・サケには「全米日本酒歓評会」の出品酒、159社の370点が並びました。
出品酒は日本のみならず、ミネソタやオレゴンなど米国で醸造されている銘柄も。米国からは13点が出品されました。
近年は海外で日本酒のマイクロ・ブルワリーが各地にできつつあります。来年には福島県の蔵元さんがシアトルで酒造りを始めるそうですね。
「日本産日本酒」と比べれば賛否両論あるかと思いますが、こういう動きは個人的にとても楽しみですここのところ話題の尽きない(?)「海外産日本酒」、機会があれば是非試してみて下さい。
JOS2014ny28.JPG

出品酒は冷蔵コンテナでホノルルに送られた後、10℃の冷蔵庫で保管されます。審査日4日前に審査会場(ハワイ・コンベンションセンター)に運ばれ、室温(18℃)で2日間にわたって審査されます。
審査方法は毎年春に行われる「全国新酒鑑評会」に準じ、厳正に行われます。酒類総合研究所の藤井力先生によれば、「きき酒に適した環境」で「精度の高い審査が行われた」とのことです。審査員として日本より6名、米国より4名の方々によって行われました。

全米日本酒歓評会には島根の日本酒も多数エントリーされていますよ。
JOS2014ny17.JPGJOS2014ny24.JPGJOS2014ny16.JPG
山陰両県からは、7蔵18点がエントリーされました。そのうち金賞3点、銀賞3点を受賞しています。

米田酒造からは「豊の秋 純米吟醸 佐香錦 原酒」と「豊の秋 特別純米 雀と稲穂」が銀賞受賞。
※エントリーナンバーの隣りの★マークが受賞の印です。
JOS2014ny25.JPGJOS2014ny21.JPG
JOS2014ny18.JPG
豊の秋 大吟醸 斗瓶取り」が金賞受賞です。こちらは嬉しいことに初出品より2年連続。今後の励みになります。

会場では日本酒と一緒に、ニューヨークの有名レストラン14店の料理が楽しめます。
写真左の「15 EAST」は蛸の柔らか煮。右の「MEGU」では海老のかんずり焼き。
MEGUさんのディスプレイの甲冑は普段は店舗にあるとか。なんと、目が光ります!
JOS2014ny36.JPGJOS2014ny34.JPG
※15EASTさんのシェフの方、わざわざブースまで料理を届けていただいてありがとうございます!とてもおいしかったです!

午後6時開場。
JOS2014ny41.JPGJOS2014ny39.JPG

開会の口上人は酒サムライのクリス・ジョンソンさんです。
お隣は2014年ミス日本酒の森田真衣さん。日本酒文化の発信で世界各地を飛び回っておられます。
ジョイ・オブ・サケ東京会場では2015年ミス日本酒ファイナリストのお披露目も行われたようですね。
JOS2014ny46.JPG

鏡開きで盛り上がったところで乾杯!2014年の乾杯酒は長野の宮坂醸造さんの「真澄」でした。
JOS2014ny49.JPGJOS2014ny48.JPG

乾杯後は米田酒造ブースへ。
お陰様で終始人だかりができるほどの盛況です。ご用意していた日本酒はあっという間になくなってしまいました。一升瓶が目の前でどんどん空になるのはとても気持ちが良いものです。
金賞受賞酒の大吟醸斗瓶取りの反応が良かったのですが、それ以上に好評だったのは純米酒のお燗酒でした。お燗にすると料理と良く調和し、盃がすすむ。そんな豊の秋の持ち味を楽しんでもらえたのではないかと思ってます。もっとたくさん
用意すれば良かった、というのは反省点ということで。
JOS2014ny52.JPG

ニューヨークはいつ訪れてもとても魅力的な街です。今回もたくさんの方々から刺激をもらいました。
数々の日本酒を楽しむことができるというのも、ニューヨークの魅力のひとつになっているかもしれませんね。
また近いうちに一升瓶を抱えて伺いますので、そのときはよろしくお願いします!

新しい洗米機

酒蔵はいま | 2015年1月13日

こんにちは、蔵人の柴田です。
先日、古い洗米機が解体されたことを書きましたが、
今年の蔵の大きな変化の一つは新しい洗米機を2つ導入したことです。
両方とも「MJP気泡洗米機」といって空気の泡を水の中に取り込んでお米を洗う仕組みになっています。
今日はその2つの洗米機のひとつ「バッチ式」と呼んでいるタイプの洗米機を使った洗米の様子を紹介します。
20150104-1.jpg
こちらがMJP気泡洗米機・バッチ式です。
普通酒以外は全てこちらの洗米機で洗います。
お米を10キロずつに小分けにして、お米に吸わせる水分量を限定させたい時に使います。
10キロずつの限定吸水の洗米は去年までと変わらないのですが、
この新しい洗米機になって大きく変わったのは下の写真のように3人で洗米作業ができるようになったことです。
20150104-2.jpg
洗米機の操作担当、出てきたお米を水につける担当、水から出し計量する担当。
それだけで洗米作業ができるのです。
去年までは約7人で行っていた作業(去年の洗米の様子→★)が半分以下の人数でできるようになりました。
これは米田酒造の蔵にとってものすごい大きな変化です。
手の空いた人が洗米以外の違う作業にまわれ、効率的に仕事ができます。

もちろんMJP洗米の力でよりぬかや汚れを取り除くことができています。
蒸米の手触りが違います。
20150104-3.jpg
僕個人としては、杜氏に指示された吸水を間違えられないという新たなプレッシャーが増えましたが・・・。
限定吸水の洗米がある日は胃が痛いです。