松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

みりんの仕込み

2015年3月30日

こんにちは、蔵人の柴田です。
今蔵では地伝酒の仕込みも終わり、みりんの仕込みを行っているところです。
3本あるみりんの仕込み、
昨日2本目の仕込みが終わりました。残すところ後1本です。
搾りの方も、後2本普通酒の上槽が残っているのみです。
いよいよ今年の酒造りも終わりが近づいてきました。

今回はみりんの仕込みの様子を紹介します。
20150329-1.jpg
日本酒の仕込みの場合、3回に分けて仕込むのですが、
みりんの場合、一度に全量を仕込みます。
1000キロを超える米の量を一度に蒸すので、甑に「かさ」と呼んでいる別の部品をのせ、高くして蒸さなくてはいけません。
20150329-3.jpg
また、もう一つ日本酒の仕込みと違うのは麹米を先にタンクに入れるのではなく、
蒸米を放冷機に通す時に麹米をふりかけます。
みりんの掛米はもち米です。
そのもち米がくせ者で、何度もクラッシャー部分に絡みつき大変苦労します。
20150329-2.jpg
放冷機から出てきた蒸米を背負ってタンクまで走ります。
量が量なので蔵人だけでは足りず、この日は瓶詰め場の人たちにも手伝ってもらいます。
今の季節になると日中はあたたかくなり、全て仕込み終わる頃には汗だくです。

みりんを搾るのは地伝酒と同じく夏頃です。

仕込みも残り後一本、最後まで気を抜かず頑張ります。