松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2015年8月のアーカイブ

ひやおろしの瓶詰め

酒蔵はいま | 2015年8月27日

こんにちは、蔵人の柴田です。

もうすぐ8月も終わりますね。松江では朝晩が涼しくなり過ごしやすくなりました。
蔵では、今日「ひやおろし」の瓶詰めがありました。
20150827-1.jpg
毎年、「ひやおろし」を詰めると、夏が終わり、秋が始まるのだな、と感じます。
今年から「ひやおろし」のレッテルが新しくなります。
20150827-2.jpg
松江城国宝化などのニュースで今、全国的にも松江の知名度も上がってきているのではないかと思い、
「松江」を前面に押し出したデザインになっています。
また、『東京五輪音頭』を作詞した宮田隆さん作詞の『豊の秋 安来節』の歌詞の一番
「松江うれしや お城に 湖水 酒は 名代の 豊の秋」が新しいレッテルのテーマにもなっています。
ちなみに米田酒造の社員が夏場着ている黒いポロシャツの背中にもこの歌詞がプリントされています。
20150827-3.jpg

「豊の秋」のシンボル、すずめのシールが目印です。
毎年、この時期を楽しみにしておられる方も、「ひやおろし」って何?という方も
今年の新しい「ひやおろし」を飲んでみて下さい。

発売は9月10日、今から予約も受付中です。
詳しくは下のURLをクリック!
http://www.toyonoaki.com/info/archives/2015/08/000620/

 

外国からのお客様

酒蔵はいま | 2015年8月12日

こんにちは、蔵人の柴田です。
先日、みりんの上槽も終わり、夏の上槽の全てが終わりました。
 
さて、その後は蔵での片付けや、瓶詰め作業もやりながらお店にもいます。
配達や発送業務が主ですが、時々来店されたお客様に試飲してもらったり、お酒の説明をしたりもしています。
20150812-1.jpg
先日、水郷祭の翌日、外国からのお客様にお酒を説明する機会がありました。
中国から来られたご家族連れでした。
拙い英語でがんばって説明し、一通り試飲された結果、梅酒を購入されました。
せっかく来ていただいたのに、もう少しお話しできればよかったな、と悔いが残りました。
英語で味や風味を説明することの難しさ。
日本語でも説明することの難しい日本酒の微妙な違い、
それを外国の人に伝えるのはなかなか大変ですね。
20150812-2.jpg
夏休み真っ只中です。
市内を配達していると、例年以上に県外のナンバープレートをつけた車を目にします。
「松江城国宝」効果でしょうか?
観光で松江にお越しの際はお気軽に米田酒造のお店をのぞいてみてください。
お酒の試飲もできますよ。