松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2015年12月のアーカイブ

お酒の写真撮影

酒蔵はいま | 2015年12月25日

こんにちは、蔵人の柴田です。
20151226-1.jpg
上の写真は蔵人、斎藤さんが「純米木ふねしぼり」や来年の「立春朝搾り」の瓶の写真撮影をしているところです。
手作りの照明を使い、撮っています。
オンラインショップやポスター、パンフに載っているお酒の写真はこんなふうにして撮影しているんですよ。
蔵人はお酒を造りながら、こんなこともやらなくてはいけないのです・・・。
 

木槽しぼり

酒蔵はいま | 2015年12月24日

こんにちは、蔵人の柴田です。
数日前まで続いていた吟醸酒の仕込みが一段落し、今は純米酒の仕込みをしています。
そして、連続していたお酒の上槽も次の上槽まで少しだけ間があり、
少しだけ落ち着いた気持ちで作業が進められています。
でも、これもほんの少しの間。
数日後には吟醸酒の上槽、年が明けたら今度は「立春朝搾り」の仕込みが始まります。

さて、先日「木槽」という昔からの機械を使っての搾りがありました。
この日搾ったのは純米酒。
「純米木槽しぼり」として発売されているお酒です。
(オンラインショップでの発売はもうしばらくお待ちください)
20151224-1.jpg
なれた手つきで酒袋を並べていきます。
何度かこのブログでも紹介していますが、バランスよく酒袋を重ねていくのは見た目以上に大変なんですよ。
20151224-2.jpg
袋の重みでじわーっと出てくるお酒です。
その後、ゆっくり上から圧をかけていきニ晩かけて搾ります。

米田酒造では数年前まで吟醸酒は全てこの「木槽」を使って搾っていましたが、
徐々に「木槽」を使っての上槽作業が少なくなってきました。
 

初しぼり

酒蔵はいま | 2015年12月14日

こんにちは、蔵人の柴田です。
昨日、今酒造期最初のお酒を搾りました。
20151214-1.jpg
写真は甕に出てきたばかりのまさにしぼりたてのお酒です。
最初は写真のように少し濁っていますが、徐々に澄んだ色になります。

今、蔵では変わらず吟醸酒の仕込みが続いていますし、醪の数も増えてきました。
これから年末に向けて忙しさが増していきます。
皆、疲れも蓄積してきて少し殺気立ち、アドレナリンが大量に出ています。
そんな中、「初しぼり」という一つの目標地点を通過しました。
まだまだ先は長いです。
個人的には、初しぼりの前後はなぜかミスをしでかしがちなので、
こんな時こそ落ち着いて、冷静に作業を進めていこうと思います。

間もなく、「しぼりたて 本醸造生原酒」を発売します。
発売が決まり次第こちらで発表します。
早く、皆さんに飲んでいただき感想を聞きたいです。

吟醸酒の仕込み始まっています

酒蔵はいま | 2015年12月4日

こんにちは、蔵人の柴田です。
先日まで仕込んでいた普通酒や純米酒に続いて、昨日から吟醸酒の仕込みが始まっています。
今日は、昨日小さい桶に仕込んだ醪(もろみ)を大きいタンクに移す「打ちこみ」という作業の日でした。
20151204-1.jpg
基本的に日本酒は3回に分けて仕込むのですが、吟醸酒の場合、1回目の仕込み(初添)は小さいタンクに仕込みます。
それを上の写真のようにひしゃくで汲んで試桶で運びます。
20151204-2.jpg
無事、今酒造期最初の打ちこみが終わりました。
20151204-3.jpg
このタンクに、明日、明後日さらに2回仕込んでいきます。
こちらは、「金紋」になる醪です。
これからは、吟醸酒の仕込みがしばらく続きます。