松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

新しい吊下げネット

2016年3月14日

こんにちは、蔵人の柴田です。
日本酒の仕込みが間もなく終わろうとしている蔵です。

去年はたくさんの新しい機械や道具を導入し、ぐっと仕事の効率が上がりました。
今年は、蒸米を甑から放冷機に移す吊下げネット(蔵では「落下傘」と呼んでいます)を新しくしました。
何回も破れては修理し、破れては修理し、を繰り返していましたが、そろそろ限界がきていました。
20160119-1.jpg
このブログでも古い落下傘のことは紹介したことがあったかもしれません。
上の写真のように吊上げて一度に大量の蒸米を移すことができます。
20160119-2.jpg
古い落下傘は蒸米がこびりついて手で落とす作業が一苦労でしたが、新しい落下傘は楽に落ちてくれます。
20160119-3.jpg
洗い物も一気に楽になり、無駄な時間が少なくなりました。

古くからのものを使い続けることも大切ですが、
新しい機械や道具を導入するだけで格段に仕事の効率が上がりますね。

日本酒の仕込みは終わりますが、上槽は続いています。
そして、これからは地伝酒とみりんの仕込みが待っています。