松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

地伝酒とみりんの仕込み

2016年3月30日

こんにちは、蔵人の柴田です。
先週から今週にかけて、地伝酒を3本、みりんを2本仕込みました。
米田酒造では、日本酒の仕込みが終わっても、この2種類の仕込みが待っています。
地伝酒もみりんも共通しているのが掛米にもち米を使うということ。
何度もこのブログに書いていますが、このもち米に毎年苦労させられます。
20160330-1.jpg
上の写真は地伝酒の仕込みの時の様子です。
放冷機の上で麹米をまぶしていくのが地伝酒とみりんの仕込みの特徴。
20160330-2.jpg
また、地伝酒は日本酒に比べて、米に対しての仕込み水の量が少ないのも特徴です。
写真のように、仕込み直後は水よりも上に蒸米が顔を出してる部分もあります。
仕込み中は日本酒と同じく櫂棒で混ぜるのですが、後半は櫂がなかなか入っていかず大変です。
20160330-3.jpg
変わって、上の写真はみりんの米を蒸している所です。
毎年、みりんの仕込みの時だけはいっぺんに1000キロを超える米を蒸します。
20160330-5.jpg
蒸米は布にくるんで人間が運びます。
20160330-4.jpg
そして、上濱杜氏が待つ、タンクに投入していきます。
今年は、もち米がクラッシャーで詰まることもなくスムーズにみりんの仕込みが終わりました。

地伝酒もみりんも搾るのは夏ごろです。
木槽を使った搾りの様子もまたここで紹介する予定です。

今日、全ての仕込みが終わり、間もなく日本酒の上槽も全て終わります。