松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2016年10月のアーカイブ

酒米入荷、精米始まる。

酒蔵はいま | 2016年10月28日

こんにちは、蔵人の柴田です。
20161028-1.jpg
昨日、今年の酒米が入荷しました。
20161028-3.jpg
今回入荷したのは全体のごくごく一部。これから精米所は米袋の山になっていきます。
20161028-2.jpg
酒米が入荷するとすぐに精米作業を開始しました。
上撰などで使われる五百万石という品種の精米です。
半年ぶりに聞く精米機の大きな音です。

今年もいよいよ蔵入りが迫ってきました。
まだ、準備しなければいけないことがいくつもあります。
 

粕取焼酎取り

酒蔵はいま | 2016年10月12日

こんにちは、蔵人の柴田です。
9月から約2週間続いていた粕取焼酎取りが先日やっと終わりました。
毎年、このブログでも紹介していると思いますが、この作業がとてもしんどい作業なのです。
タンクから酒粕をスコップで取り出し、すくもと呼んでいるもみ殻と混ぜ合わせ、
それを専用のせいろに入れ、蒸留する。
それを何十回と繰り返します。
作業としては単純なのですが、量が量だけに精神的にも肉体的にもきつかったです。
酒粕とすくもにまみれながら、毎日へとへとになって作業を行いました。
途中、疲労から体調を崩し、仕事を休むほどでした。
毎年のことなのでキツイ作業なのはわかってはいたはずですが、
いざやってみると体と心がついていきませんでした。
20161008-1.jpg

20161008-2.jpg

20161008-3.jpg

20161008-4.jpg

20161008-5.jpg
秋の大仕事、焼酎取りが終わりました。
間もなく日本酒造りが始まります。
これからが本番です。
蔵の掃除や道具類の準備などをすすめます。もうすぐ酒米も入荷します。

蔵入りへ向けての様子もまたこちらで紹介しますね。