松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

吞(のみ)

2017年3月12日

こんにちは、蔵人の柴田です。
もうすぐ、日本酒の仕込みが終わり、地伝酒、みりんの仕込みに向かう蔵ですが、
今回は、蔵の仕事に欠かせない小さな道具を紹介します。
20170112-1.jpg
上の写真の部品が何かわかりますか?
「吞(のみ)」という部品です。
20170112-2.jpg
何度かこのブログにも書いたことがあると思いますが、
タンクの下部分にはお酒の出口が二つあります。上側を上吞、下側を下吞と呼んでいます。
その出口にそれぞれ付いているのが「吞」という部品で、
この金属の部分に専用の道具を取り付けてお酒を出します。
タンクの洗浄時には必ずこの「吞」も分解して洗います。
20170112-3.jpg
そして、上の写真のように「わんまわし」という専用の道具できつく取り付けます。

今回はこんな細かい部品を紹介しました。