松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2017年11月のアーカイブ

甘酒

酒蔵はいま | 2017年11月29日

こんにちは、蔵人の柴田です。
今週から、甘酒の仕込みが始まっています。
甘酒は朝仕込むと夕方にはできあがります。
米田酒造の甘酒は、酒米を100%使用した、贅沢な甘酒です。
毎年、たくさんの方に予約していただいていている商品で、
麹の自然な甘みが口の中に広がります。
20171129-1.jpg
写真はできたてほやほやの甘酒。
これを殺菌して、次の日に瓶詰めします。
日本酒の新酒発売はもう少し先なので、
まずは今年の酒米で造った甘酒はいかがでしょう。
小さなお子さんでも飲めますよ。

もろみの仕込み始まる

酒蔵はいま | 2017年11月24日

こんにちは、蔵人の柴田です。
昨日からやっともろみの仕込みが始まりました。
今月初めに蔵入りしてから仕込みはやっていたのですが、
今までは少量ずつの酒母の仕込み。
これからは一日の仕込み量が一気に増えていきます。
日本酒は基本的に三回に分けて仕込むのですが、まずは初添と呼んでいる一回目の仕込みから。
適温に冷まされた蒸米がエアシューターホースを通り、2階の仕込み蔵へと送られます。
20171124-1.jpg
写真は仕込み途中、櫂棒で混ぜているところ。
20171124-2.jpg
毎回、仕込みが終わるともろみの量と仕込み温度をはかります。

まずは、普通酒や純米酒の仕込みが続き、12月に入ると吟醸酒の仕込みへ続きます。
今までは、少し余裕がありましたが、もろみの仕込みが始まると急に忙しくなります。
毎年のことなのでわかってはいるんですが、そのギャップが・・・

 

アルコール移入

酒蔵はいま | 2017年11月14日

こんにちは、蔵人の柴田です。
昨日、2本目の酒母を仕込み終わったところで、まだ蔵の空気も余裕が感じられます。

今朝は、タンクローリーで醸造アルコールが蔵に運ばれてきました。
毎年蔵入りすぐの今の時期にアルコールが入ってきます。
このアルコールがいわゆる「アル添酒」に入る醸造アルコールです。
20171114-1.jpg
アルコールを添加し、お酒を搾るようになるまでは、もうしばらくかかります。

大甑(おおごしき)での初蒸し

酒蔵はいま | 2017年11月10日

こんにちは、蔵人の柴田です。
20171110-1.jpg
今日は、大甑(おおごしき)を使っての今酒造期最初の蒸しでした。
今年は、甑の周りに巻いている保温マットを変えたり、直前にパッキンを変えたりして
少し心配だったのですが、とくに問題なく蒸しあがりました。

今日は第一号の酒母の仕込み。
これから二週間、元気に酵母が育ってくれると思います。
 

蔵入り

酒蔵はいま | 2017年11月6日

こんにちは、蔵人の柴田です。
本日、蔵入りしました。
蔵入りといっても、何日も前から、精米作業は始まっているので、
蔵ではすでに酒造りは始まっていました。
ただ、最初の洗米を行う日を蔵入りと呼んでいるだけです。
それでも、何年やっても蔵入りの日はなんだかそわそわします。
最初の洗米、最初の蒸し、最初の仕込み・・・、
やっぱりその年最初の作業は少しだけ緊張します。

今年は例年以上に順調に準備が進んでいるので
今のうちにできることを進めていこうと思います。
20171106-1.jpg
上の写真は今日洗ったばかりの酒米。
明日は最初の蒸しです。