松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

今シーズンの酒造り始まる

2018年11月15日

先日より「豊の秋」でも平成30酒造年度の酒造りが始まりました。

kura_20181115_01.jpgkura_20181115_03.jpg

なにをもってシーズンのスタート(蔵入り)とするかは各蔵々で違うんですが、
「豊の秋」では最初の麹を造るためのお米を洗う日をもってスタートとしています。
それから酒母を造って、モロミを仕込んでという工程に進んでいきます。

kura_20181115_02.jpg

さて、特に海外の人や学習に来る子供に聞かれることで
「お酒って何日で出来るのか?」という質問があります。

「豊の秋」的に早いものなら”最初の麹を造るためのお米を洗う日”から数えて6週間後には
瓶詰されたお酒になってます。
一方、お酒によっては、「ひやおろし」を例にすると、飲み頃になるまで熟成させるので、
「ひやおろし」はできるのに半年かかるとも言えるでしょう。

kura_20181115_04.jpgkura_20181115_05.jpg

つまり何が言いたいかというと、クリスマス頃にしぼりたて新酒発売のお知らせができると思います。
どうぞお楽しみに!

検索

カレンダー