松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

美保神社 青柴垣神事

2019年4月15日

4月7日(日)、松江市美保関町「美保神社」の「青柴垣神事」に行ってまいりました。

美保神社は全国の恵比須様の総本社であり、青柴垣神事は美保神社の御祭神 事代主命(ことしろぬしのみこと・えびす様)が父である大国主神(だいこく様)から国譲りの相談を受け、譲ることを進言した後、自ら海に身を隠したという故事を儀礼化したものである、とのことです。

神事について詳しくは美保神社のホームページをご覧ください。
美保神社 青柴垣神事
http://mihojinja.or.jp/sinji/02.php

4月7日が神事の当日ではありますが、前後含めて約2週間関連の儀式が続きます。そして神事の役は神社の神職だけでなく、一定の資格を持つ氏子(町民)から「みくじ」で選ばれ、その人は1年間衣食住に関する細かいしきたりを守り(例えば鶏や玉子を食べてはいけないなど)、清らかな体で神に仕えなければなりません。その日見物するだけでは計り知れない神社と氏子の密接な繋がりがあります。

kura_20190415_10.JPG
kura_20190415_01.JPGkura_20190415_02.JPG
kura_20190415_09.JPG
kura_20190415_03.JPG

kura_20190415_04.JPG

kura_20190415_05.JPG

kura_20190415_06.JPG

kura_20190415_07.JPG

この日はいまにも雨が降り出しそうな曇り空で、テーマがテーマだけにどことなく陰を感じる神事に見えましたが、粛々と進む儀式を見守る町民のまなざしはとてもあたたかいものでした。

 

 

検索

カレンダー