松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2019年7月のアーカイブ

観光列車「あめつち」に関して感謝状をいただきました

酒蔵はいま | 2019年7月11日

山陰本線を走るJR西日本の観光列車「あめつち」が7月1日で運行1周年を迎えました。
「あめつち」では、豊の秋の純米吟醸「花かんざし」を車内販売限定の特別ラベル品として採用いただいています。
そうしたことからこの度、JR西日本様より感謝状をいただきました。
今後とも皆さまに喜ばれるお酒を醸し、山陰観光に寄与できますよう精進いたします。

kura_20190702_01jpg.jpg

JR西日本米子支社 山陰地域振興本部 木内吾平課長(山陰いいもの探県隊キャプテン)(右)から
感謝状を受け取る社長(左)

 

kura_20190702_05.jpg
※「あめつち」オリジナルラベルのお酒は「あめつち」車内のみでの販売です。

さてさて、改めて観光列車「あめつち」を紹介いたしますと、「あめつち」は山陰本線の鳥取駅から出雲市駅を走るJR西日本の新車両で2018年7月1日より運行開始しました。

kura_20190702_03.jpg

「あめつち」の車名は「天地の初発の時(あめつちのはじめのとき)」という古事記の書き出しに由来しています。

車体は山陰の海や空を表現する深みのあるブルーを基調とし、下部に山陰の山並みや”たたら製鉄”による日本刀の刃紋をイメージした銀色の帯があしらわれています。内装は山陰の工芸品や工業製品であしらわれ、車内では山陰の素材を使った弁当やスイーツや飲み物を楽しむことができます。

鳥取駅から出雲市駅までの主要な駅で乗降できるので、山陰旅行の一部を「あめつち」で移動するなんてこともできます。この夏はぜひ、この「あめつち」に乗って豊の秋を飲みながら山陰旅行を楽しんでください!
kura_20190702_02.jpg

kura_20190702_04.jpg

観光列車「あめつち」について詳しくはこちら↓↓
https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_tottori/ametuchi/

あめつち試乗記はこちら↓↓
http://www.toyonoaki.com/kurabito/archives/2018/06/000804/

白潟天満宮夏祭り

雲州松江の風景 | 2019年7月1日

毎年7月24日、25日は松江の白潟天満宮夏祭りです。

白潟天満宮は松江駅のほど近くの街中にあり、歓楽街も近いことからお祭りには夏休みに入ったばかりの子供たちを中心に老若男女で大変に賑わいます。

24日は前夜祭で、松江城から天満宮までの400年の歴史のある「みこし渡御」が行われます。

神輿は天満宮での出御祭(17時)ののち松江城へ渡御します。

そして天満宮に戻るために松江城を出発するのは19時。松江城では特にすることはないそうであります。

kura_20190801_01.jpgkura_20190801_02.jpg

出店で賑わうのは門前エリアなので松江城周辺の観客はまばらです。この時間は普通の人は天満宮の方に向かいます。私も松江城から神輿が出てくるのをはじめて見ました(^^ゞ

kura_20190801_03.jpg

kura_20190801_04.jpg

殿町商店街を抜けて行きます。手前を進むのが女宮(女みこし)です。

kura_20190801_06.jpgkura_20190801_05.jpg

京店商店街を抜け、松江大橋を渡ります。

kura_20190801_07.jpg

天満宮はもうすぐなので、ちょっと休憩して門前やモデルになっていただいたお店の紹介など~。
こちら天満宮前のいちばん密度の高い地点。松江じゃないみたいです(笑)
kura_20190801_08.jpg

 

kura_20190801_13.jpg

kura_20190801_14.jpg

商店街には3件の老舗和菓子店があり、わらび餅の実演販売や限定の冷たいお菓子。

市内の人気のパン屋「pantograph(パンタグラフ)」とセレクトショップ「TRIBECA」のコラボ屋台。
kura_20190801_16.jpg

豊の秋 ゆず酒を推してくれています串焼きダイニング「Miss AGATHA(ミスアガサ)」。

kura_20190801_15.jpg

島根の工芸と食品のセミオーダーギフトショップ「YUTTE」ではフードデザイナー・太田夏来のスリランカカレー。

kura_20190801_21.jpgkura_20190801_20.jpg


松江は日本茶だけでなく珈琲も盛んです。創業47年になる青山珈琲
kura_20190801_17.jpg

オシャレな店だけでなく、ふつうに縁日らしい屋台もありまして、
kura_20190801_18.jpg

名物「うなぎ釣り」。うなぎも高くなりましたから皆必死。
kura_20190801_19.jpg

さてそうこうしてるうちに神輿は門前の商店街に到着。このとき20時ぐらいです。kura_20190801_09.jpg

kura_20190801_12.jpg

これ、知らない人が多いんですが、毎年ここでこのタイミングで豊の秋の樽を使ってもらって鏡開きがされます。
今年は副市長、日銀支店長、商工会議所会頭さんたちによって鏡が割られ御神酒が担ぎ手だけでなく、どなたにもふるまわれました。
kura_20190801_10.jpg

kura_20190801_11.jpg

「豊の秋うめー!」って声が聞こえてくるの、うれしいですよね。

検索

カレンダー