松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

松江 寺町

2019年8月13日

酒蔵のある松江は、宍道湖と中海つなぐ大橋川を挟んで南北に分かれています。

川の北側は橋北と呼ばれ、松江城やこの酒蔵があります。川の南側は橋南と呼ばれ、鉄道や国道9号が走ってます。

この橋南に、寺院の多い地区「寺町」があります。JR松江駅前の歓楽街から続いているため、いいお店を探しているうちに寺町に踏み込んでいたなんてこともあるでしょう。実際いいお店は多いです。

kura_20190815_01.jpg
 

それはさておき、

松江城と城下町は堀尾吉晴によって1607年から建設が始まります。それまでの松江はほぼ湿地のような場所であったそうです。城下建設の際、堀尾氏が前の居城の富田城(安来市広瀬町の月山富田城)から10以上の寺院を移転し、20近くの寺を配置した地区が寺町となっています。

kura_20190815_05.jpg
寺町の真ん中あたりから。稜線の左側に松江城があるのが分かるでしょうか?

↓もう少し東側を向くと、豊の秋の酒蔵と煙突が見えます(真ん中あたり)。(クリックすると大きな画像になるので探してみてください。)

kura_20190815_06.jpg

 

南側にも寺が並びます。写真右上の方には宍道湖と嫁が島が見えますね。
白いビルの向こうの、こんもりした山のあたりに堀尾家の菩提寺「円成寺」があります。kura_20190815_07.jpg

 

と、ここに多くの寺が配置されたのは、松江城への攻略コースに当たるため、いざというときの陣地を構えるためとも言われています。
それを示すかのように、寺町の周辺には折れ曲がった十字路「鉤型路」が密集しています。

kura_20190815_02.jpg

道がまっすぐに交差していないのが分かるでしょうか。
写真の奥側が松江城のある方角です。城に攻め込もうとする我々からすると、行き止まりに見みえるので進軍の勢いが削がれてしまうというわけです。

町の内側に入ると小径があり、雰囲気を残しつつ整備されており、清々しく歩きやすくなっています。
kura_20190815_03.jpg

この道を奥に向かうと大橋川に当たり、魚市場もあったりして、その目の前の橋を渡ればすぐ米田酒造です。
kura_20190815_04.jpg
私は、徒歩で通勤するときは好んでこの道を通ります。皆さんも駅周辺で泊まった朝、川辺や湖畔へ散歩するときは、大通りから一本入ってみると、より松江らしさをを感じられるかなと思います。

検索

カレンダー