松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

2020年9月のアーカイブ

島根の名産「板わかめ」

雲州松江の風景 | 2020年9月14日

先日、社長が自宅から「わかめ炙り器」なるものを引っ張り出してきました。

kura_20209015_02.jpg

これ、木製の枠に障子紙のような薄い和紙が張ってあります。

kura_20209015_03.jpg

60ワットの電球を灯して、その熱で引き出しに入れたわかめや海苔、お茶を乾燥させる装置です。実演は控えました、、、

kura_20209015_04.jpg

島根の名産に「板わかめ」があります。わかめを板状に干したものです。

kura_20209015_05.jpg

kura_20209015_06.jpg

kura_20209015_07.jpg

松江周辺では、美保関などの島根半島のいくつかの漁港で盛んに作られています。

地元新聞「山陰中央新報」に板ワカメ作りの記事がありましたのでリンクします。
「松江・美保関 板ワカメ作り最盛期 食欲そそる海の香り」
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1493246669667/index.html

 

kura_20209015_01.jpg

写真は板わかめの産地のひとつ、「笹子(ささご)」の海岸です。この美しさとこじんまりとしたプライベートビーチ感が近年知られ、人気のスポットとなってます。(今年の夏はコロナの影響で、海岸への立ち入り自粛のお願いがされました)

板わかめは、食べるときに火で炙ってパリパリにして、そのまま食べたり、わしゃわしゃと手で揉みくずして、ふりかけにしたりするの一般的です。磯の香りとしょっぱさがお酒のアテにもぴったりです。

kura_20209015_08.jpg

3月が出回り時期なので、シーズンになったらぜひお取り寄せしてみてください。炙り器も手入れをして改めて光らせてみたいと思います!

 

検索

カレンダー

月別アーカイブ