松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

一升びんのリユース

2021年5月12日

最近、温室効果ガスの大幅削減目標が話題になっていますね。
 
一升びんを回収して洗って再利用すると、新品を仕入れて使った場合より、およそ87%の二酸化炭素排出量の削減効果があるとの試算があります。
(試算:全国びん商連合会会長吉川氏・ダイナックス都市環境研究所)
 
「豊の秋」では一升びんは、ほぼリユースしています。
酒店や料飲店、食品工場などの取引先へ配達した際に空びんを回収してくる場合や、びん業者から回収びんを購入する場合とがあります。
米田酒造の店舗でもお客様がお持ちになった空びん(豊の秋で使っているのと同じびんに限る)を買い取っています。
 
一升びんと言って思い浮かべるあの形のびんは「丸正びん」といい、規格が定まっているので全国で共通びんとして使えます。なので他社の空びんも回収して使います。
kura_20210515_01.jpg
 
回収したびんは、まず一回、自社工場で洗びん機にかけて洗います。
kura_20210515_02.jpg
 
kura_20210515_03.jpg
びんは機械の中で、75度の温水やアルカリ液に浸されたり噴射されたりしながら洗われていきます。
出口から出てくるころにはツヤツヤになってます。これでいったん保管して、お酒を詰める直前にもう一回、同じように洗います。
kura_20210515_04.jpg
 
いっぽうで、リユースの効率を下げるちょっと困ったびんもありまして、
油性マジックで書かれたもの
kura_20210515_05.jpg
 
ラベルの粘着剤(糊)が強力過ぎて洗い落とせないものなどがあります。
kura_20210515_06.jpg
 
「豊の秋」でも、一部の冷蔵商品(一升びんではありませんが)には水滴でラベルが痛まないように、紙ではない素材のシールラベルを使っています。
kura_20210515_07.jpg
水に濡れても手で裂こうとしてもビクともしない丈夫な素材でできています。
こういったラベルの空びんを回収したら、手作業でラベルを剥いでから洗って再利用しています。
kura_20210515_08.jpg
 
このようにリユースされる一升びんに、日本酒が入って売られるようになったのは1901年(明治34年)と言われています。本格的にガラスびんが普及したのは戦後で、それまで使われていた陶器の樽が酒蔵に残っていました。
kura_20210515_09.jpg
これからも「豊の秋」では一升びんをはじめとするガラスびんのリユースに積極的に取り組んでいきます。
 
この記事は『一升びんガイドブック』(発行:日本酒造組合中央会)を参考にしています。
ダウンロードはこちらから↓
『一升びんガイドブック~環境に優しいリユース容器~』 ― リターナルビンポータルサイト 
 
あわせて日本酒造組合中央会による動画もご覧ください。
「地球環境に優しい日本の伝統酒類容器 一升びん」

検索

カレンダー

月別アーカイブ