松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

豊の秋の酒粕で「きゅうりの粕漬け」を作りました!

2021年8月26日

matsue_2021_09_01_01.jpg

営業の河角です。この業界に入って2年目、自分自身で粕漬けを作ったことがなく初めてチャレンジしてみました!粕漬けはスーパーなどの商品や祖母や母親に作ってもらった物を食べたことはあったのですが、自分で漬けたことが1度もありませんでした。

調べてみると粕漬けは平安時代の書物に記載があるほど古くからある伝統的な食べ物でした。酒粕の栄養価も豊富で貧血予防や肌や髪を綺麗にしたりと嬉しい効能が沢山期待でき、その注目は上がってきています。そして豊の秋の酒粕はいつもご好評いただいています。漬物用の酒粕は夏のウリやきゅうりなどを漬ける方に喜ばれています!

初めての粕漬けの食材はきゅうりを漬けてみます!

matsue_2021_09_01_02.jpg

酒粕に漬ける前にきゅうりを塩漬けして中の水分を抜いていきます。この時使う塩が多いと傷みにくくなるので多めを心掛けました。ある程度の塩漬けしたら重石を上にのせて一週間常温で漬けました。漬けたきゅうりはサッと水洗いします。

matsue_2021_09_01_02_01.jpg

冷蔵庫での保存となるためタッパーで漬けていきます!

初めにタッパーに当蔵の35°の粕取り焼酎と本みりん「七宝」を1対1で混ぜたものをそこに吹きかけていきます。これは風味を増すためと傷みにくくするための大事な作業です。量はまんべんなく吹きかけます。感覚的にパッパッと振りかけるのがコツです!

出来上がりのその風味が面白く、次はこうしてみようと深い面白さがありました。なので自分に合った量を探してみて下さい!自分はあまりひたひたにせずにまんべんなくパッパッと振りかけました。

そしてイメージ図のように酒粕を敷き詰めてまた混ぜ液をかけてきゅうりを等間隔に置きます。そこに酒粕を敷き詰めてまた混ぜ液をという繰り返しです。

matsue_2021_09_01_ 03.jpg

冷蔵庫で約一か月保存します。美味しくなってくれと冷蔵庫の前で拝みました(笑)

matsue_2021_09_01_ 04_01.jpg

matsue_2021_09_01_05 .jpg

おぉー!いい感じではないかと作ったこともないのに感動していました(笑)果たして漬かり具合や味は!?

タッパーを開けるとお米の炊いたようないい香りが印象的でした!

はやる気持ちを抑え包丁を構えました。この時の顔は料理人さながらだったと妻は教えてくれました。

ありがとう妻よ。

matsue_2021_09_01_06.jpg

なんかとってもいい感じに漬かっていませんか!?見た目もさながら味は果たして!?震える手で爪楊枝でさして

食べてみると、旨い!!!!

酒粕の旨さと35°粕取り焼酎と本みりんの風味が合わさって上品な味に仕上がっていました!この味は是非一度味わってほしい逸品です!特に相性が良かったのはご飯です!冗談抜きでご飯何杯でもいけます!あとオススメは麦茶でお茶漬けにしたらこの暑い季節にさらさらっと美味しくいただけますよ!

matsue_2021_09_01_07.jpg

初めてチャレンジしたきゅうりの粕漬けを通して改めて日本の食文化は素晴らしいなと感じました。ここ最近お家時間も増えて子供と楽しく漬けました!

近年では漬物離れが進んでいて、おばあちゃんや母親が作ってくれた漬物を子供が作り方を教わる代々の伝統も少なくなったと耳にしたりします。漬物を通してご近所さんとお茶をしたりする機会もなかなか今は少ないかもしれません。

しかし粕漬けを通して一緒に作った子供も日本の食文化に触れ、そして家族と食べることで楽しいひと時になる。そして漬けた父ちゃんはすごいともなる(笑)大切な家族との時間を漬物を通して過ごせました。

この先の時代に合った漬物の在り方も考えながらまた粕漬けを作りたいと思います!漬けた後の酒粕はお魚やお肉を漬けても美味しいですよ!まだまだ無限大の可能性を秘めた酒粕にぜひ触れてみてはいかがでしょうか?

 

 

検索

カレンダー

月別アーカイブ