松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

秋の夕べに地酒を楽しむ会 in 出雲

2012年11月1日

蔵人の斎藤です。

20121025_izumo_sake_01.jpg

10月25日(木)に松江の隣の出雲市で「秋の夕べに地酒を楽しむ会 in 出雲」が開催されました。
今年もたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。
「豊の秋」のブースにいた二人のうちのひとりが私でございます。

 

「秋の夕べに地酒を楽しむ会 in 出雲」はどのようなものかというと、日本名門酒会加盟の蔵元の銘酒を飲もうというイベントです。
今年で5回目、「豊の秋」は3回目の参加となります。
例年、開催の案内開始後すぐにチケットが売り切れてしまうほどの人気です。
東北・越後・四国・中国の各蔵から営業さんや杜氏さんもやって来ており、ご当地言葉を聞きながらその土地の地酒と「酒の肴」味わえるという、松江でもなかなか無いんじゃないかと思う形のイベントです。

さて当日会場の様子。
会場はJR出雲市駅そばのパルメイト出雲。開宴7時、終了8時半。会費3,500円。
各人にお弁当付です。テーブルには和らぎ水として各蔵の仕込み水が用意されています。
20121025_izumo_sake_02.jpg

主催と名門酒会本部の方、そして各蔵の挨拶の後、日本酒で乾杯!
20121025_izumo_sake_03.jpg

自由席なので見知らぬ人と席が一緒になってしまいますが、お酒を飲んでしまえば大丈夫(笑)

では参加蔵元と酒の肴を北から紹介します。
味わいも紹介したいところですが、試食する隙がありませんでした。

まずは山形県鶴岡市からは清酒「大山」醸造元、加藤嘉八郎酒造さん。
「大山」は"だいせん"ではなく”おおやま”と読みます。
20121025_izumo_sake_04.jpg

肴は「だだちゃ豆豆腐かまぼこ」。だだちゃ豆は鶴岡でしか収穫されないというまさに特産の枝豆。
緑が鮮やかです。

 宮城県から一ノ蔵さん。清酒「一ノ蔵」をはじめ発泡清酒「すず音」など。
20121025_izumo_sake_05.jpg

肴は「しそ巻」。くるみ風味の味噌を大葉で包み揚げたもので、人気の高い肴です。

新潟県から「越の誉」の原酒造さん。
早速、24BYのしぼりたて新酒を持って来ておられました。
20121025_izumo_sake_06.jpg
肴は新潟の老舗・加島屋の「鮭の昆布巻」。キングサーモンを真昆布で巻き、自然な調味料で
煮込んであります。鮭の昆布巻は新潟の郷土料理。

 

岡山は瀬戸内から「嘉美心」の嘉美心酒造さん。
日本一の甘口蔵を目指しておられます。ヨーグルトのリキュールもあり興味を引きます。
20121025_izumo_sake_07.jpg

 肴は「ままかりの酢漬け」と「たいらぎの粕漬け」、それともう一品。
手前に見えるのがたいらぎ貝の粕漬け。嘉美心の酒粕使用とのことで食べてみたかった。

広島は西条から「賀茂泉」の賀茂泉酒造さん。
黒いラベルの瓶は、1997年に醸造した純米吟醸の古酒。
2012年インターナショナル・ワイン・チャレンジ日本酒・古酒の部にて GOLD MEDALを受賞。
20121025_izumo_sake_09.jpg

肴は「小いかの干物」。量を獲れない時もありなかなか確保の難しい人気の肴です。

山口県は岩国市から「五橋」の酒井酒造さん。
こちらは杜氏さんがいらっしゃいました。木桶仕込みの純米酒など。
HPの木桶造りのドキュメンタリーが面白いです。

20121025_izumo_sake_08.jpg

肴は「仔うるか」。うるかとは鮎のハラワタの塩辛みたいなもの。
特に卵巣をつかった仔うるかは貴重な珍味。去年初めて食べて旨さに驚いた記憶があります。


四国は高知から「司牡丹」の司牡丹酒造さん。
坂本龍馬と縁深い蔵元。明治の元勲が揃って飲んだという。自動車で6時間かけてやって来られました。
20121025_izumo_sake_10.jpg

肴は説明不要のカツオのたたき。

そして最後に「豊の秋」。
地元ならではの温かい言葉をいただきました。ありがとうございました。

20121025_izumo_sake_11.jpg

肴は「めざしの燻製」。その名も、めざしくん。松江の恵曇漁協婦人部による製造。
恵曇は「えとも」と読みます。イワシの産地であり恵曇のイワシの丸干しはブランドでもあります。
なので味は抜群ですが見た目が地味なので手にしてもらえるか心配しましたが、好評のうちに
完食となりました。 

その他、日本名門酒会本部からカラスミなどの提供もあり、、、
これで3,500円なんて安すぎるとの声多数です。

最後はアンケート回収を兼ねた抽選会。各蔵のお酒が一本ずつ当たったりなんかして大盛り上がり。
そして一本締めで終了。
20121025_izumo_sake_12.jpg

いかがでしょうか?秋の夕べに地酒を楽しむ会 in 出雲。
来年、開催の案内を見かけたらぜひお早めに。楽しいイベントですよ。