蔵人は今

“2022年01月” 月間アーカイブ の記事

全ての月間アーカイブの記事を表示

  • 立春朝搾り2022を仕込みました

    酒蔵はいま

    2022年1月13日、「立春朝搾り」のモロミを仕込みました。

    立春朝搾りは、2月4日の夜も明けない早朝に搾って瓶詰めし、その日のうちに加盟酒販店さんがお客様にお届けするという予約販売制のお酒です。

     

    モロミが順調に発酵すれば、仕込んでから搾るまでの期間はだいたい一定になるのですが、それでも決まった期日に仕上げるっていうのは神経を使います。

     

    モロミを順調に発酵させるには、お米(蒸米)の溶け具合をコントロールしなければなりません。

     

    お米が溶けなければ味わいが生まれませんし、溶けすぎても思うような良い酒になりません。

     

    豊の秋の吟醸仕込では、朝に蒸したお米を半日程度さらします。こうすることで再び硬くなり、ゆるやかに溶けるようになります。
    お弁当のご飯は冷めても柔らかいのが良いですが、お酒にする蒸米は硬くてパラパラとするようなのが良いですねえ。

     

     

    仕込むまでの間に混ぜ返して水分のムラをなくします。この時の蒸米の温度は6度でした。手も真っ赤になります。

     

    そうこうして夕方になるころにようやくタンクに仕込みます。

     

    「豊の秋 立春朝搾り」を買えるお店をこちらのページで紹介しています。
    https://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=1657

  • いい眺めの日の風景

    雲州松江の風景

    営業の河角です。晴れて雲の少ない時にしか見れないお隣の鳥取県の大山を松江でも見ることが出来ます。

    ↑出雲杜氏の里、松江市秋鹿町にある道の駅「なぎさ公園」で撮った1枚。

     

    ↑松江市浜佐陀町からの風景。

    ↑蔵の近く、松江大橋から見える大山。

     

    松江から大山が見えた日は何かいいことが起こるような気がします。松江のラッキーな風景です。

     

    ※追記

    正月に食べた雑煮です。自分の家では海苔を入れた醤油とダシで作る海苔雑煮です。元旦は小豆雑煮でしたが食べる事に夢中で撮るの忘れてました(笑)

    来年は紹介できるよう頑張ります。

     

    (matsue20220115)