松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

木槽しぼり

2015年12月24日

こんにちは、蔵人の柴田です。
数日前まで続いていた吟醸酒の仕込みが一段落し、今は純米酒の仕込みをしています。
そして、連続していたお酒の上槽も次の上槽まで少しだけ間があり、
少しだけ落ち着いた気持ちで作業が進められています。
でも、これもほんの少しの間。
数日後には吟醸酒の上槽、年が明けたら今度は「立春朝搾り」の仕込みが始まります。

さて、先日「木槽」という昔からの機械を使っての搾りがありました。
この日搾ったのは純米酒。
「純米木槽しぼり」として発売されているお酒です。
(オンラインショップでの発売はもうしばらくお待ちください)
20151224-1.jpg
なれた手つきで酒袋を並べていきます。
何度かこのブログでも紹介していますが、バランスよく酒袋を重ねていくのは見た目以上に大変なんですよ。
20151224-2.jpg
袋の重みでじわーっと出てくるお酒です。
その後、ゆっくり上から圧をかけていきニ晩かけて搾ります。

米田酒造では数年前まで吟醸酒は全てこの「木槽」を使って搾っていましたが、
徐々に「木槽」を使っての上槽作業が少なくなってきました。