松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

粕取り焼酎取り始まる

2017年10月2日

こんにちは、蔵人の柴田です。
20170928-1.jpg
いよいよ今日から粕取り焼酎取りがスタートしました。
20170928-3.jpg

20170928-4.jpg
酒粕をタンクからスコップで取り出し、すくも(もみ殻)と混ぜ、
それをせいろに分けて入れ、重ね、蒸留し、
出てきた焼酎をとり、蒸し終えた酒粕のかすをせいろから取り出し・・・を繰り返します。
秋の米田酒造の大きな仕事のひとつです。

一回の蒸留時間はだいたい一時間半。
今日は初日だったので4回でしたが、明日以降はもっと増えていくかもしれません。
ただただ黙々と作業をこなしていきながら、一年ぶりの焼酎取りの感覚、蔵の空気感を思い出していきます。

初日の疲労はそこまででもないですが、これが毎日続くとじわじわと蓄積していくことを知っています。
去年は体調を崩し、最後の方ダウンしてしまったので、恐怖です。
ただ、あまりしんどいこと考えていると気がめいるのでネガティブにならないようにしています。
まだまだこれからです!
20170928-2.jpg
ホースの先から焼酎が出てきているところ。