松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

仕込みのタイミング

2017年12月7日

こんにちは、蔵人の柴田です。
ここ数日雪もちらついている松江ですが、
とうとう始まってしまいました、忙しい日々が。
仕込みも着々と進み、今は吟醸酒の仕込みが続いているところです。
それと並行して合間に初しぼりに向けて上槽の準備もやっています。

普通酒では蒸米を仕込む時、エアシューターで送っていますが、
吟醸酒の場合、仕込温度も厳密になるので、放冷機を通した後、
一度、蔵の二階に広げ、冷まします。
20171207-2.jpg
上の写真は吟醸酒の初添の蒸米を広げ、冷ましているところ。
蒸米の中に指を入れ、塊を割り、ほぐしていきます。
20171207-1.jpg
温度計で計ってはいますが、最終的には手の感覚で仕込みのタイミングを伺います。

もうしばらく、吟醸酒の仕込みが続き、もう少ししたら最初の上槽をお伝えできると思います。