松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

10月13日は佐香神社で醸造安全祈願祭

2021年10月13日

毎年10月13日は、出雲市にある、酒造りの神様として知られる佐香神社の例大祭の日です。この日は、特別に神社内での醸造が許可された「どぶろく」が振る舞われるので「どぶろく祭り」としても知られています。

佐香神社は出雲杜氏の里に囲まれているため、出雲杜氏の信仰を集めています。別名・松尾神社なので、我々は「まつおさん」と呼ぶことが多いです。酒蔵の神棚の神様も親しみを込めて「まつおさん」とお呼びします。

kura_20211015_11.jpg

>この日は出雲杜氏や酒類行政関係者が参列して醸造安全祈願祭も執り行われます。

祈願祭では「どぶろく」を参列者で飲み回します。神様のお力をいただき出雲杜氏一丸となって、これから始まる酒造の安全をお祈りする、出雲杜氏にとってとても大事な行事です。

2021年はコロナ禍により関係者のみで斎行され、どぶろくの振る舞いもございませんでした。以下の写真は過去のものを使用しています。

kura_20211015_01.jpg
佐香神社は松江しんじ湖温泉駅から電車30分と徒歩10分の小境(こざかい)という土地にあり、周辺からは、かつて多くの出雲杜氏が輩出されました。

kura_20211015_05.jpg

kura_20211015_06.jpg

kura_20211015_03.jpg

kura_20211015_02.jpg

kura_20211015_08.jpg
ご祈祷の後、神前にお供えされたどぶろくを回し飲みでいただきます。
口のつけかたが控えめだと、ベテラン杜氏から「もっと、たーんとやらっしゃいな」(遠慮せずもっとたくさんいただきなさい)とさらにすすめられます。このころになると皆、顔を赤くして和やかな雰囲気になります。

kura_20211015_09.jpg

kura_20211015_10.jpg

出雲杜氏は気持ちを新たにそれぞれの酒蔵に戻り酒造に励みます。

佐香神社に命名を由来する島根県酒造好適米「佐香錦」を使った豊の秋はこちらです。

検索

カレンダー

月別アーカイブ