松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

漬物用酒粕が出ました

酒蔵はいま | 2020年6月1日

近年、発酵食品への関心が高くなっています。

お酒を搾ってできる酒粕も発酵食品のひとつです。

「豊の秋」では熟成の違う2タイプの酒粕を販売しています。

ひとつは、冬の間に新酒ができてから出る「板粕」
kura_20200601_01.jpg

板状に形を整えたものを販売するので「板粕」と言ってますが、バラ粕とか新粕とも言います。

色が白く、フレッシュなお酒の香りがし、やや硬めです。

粕汁やそのまま調理したりと、酒粕そのものを食べる用途に向きます。

 

もうひとつは、6月ごろに出す「踏込み粕」です。

これ、「板粕」と同じ出どころの酒粕で、「板粕」として出さずにタンクに貯蔵して熟成させたものです。

このときに、清潔な履物を履いた蔵人がタンクに入り、酒粕を踏みしめるので「踏込み粕」と言います。

kura_20200601_02.jpg

踏むことで空気を抜き、酒粕同士を密着させることで、酵素や酵母による発酵や糖分やアミノ酸などの反応が進みます。

そのため、やや赤みを帯び、「たくあん」のような香りがつき、味噌のようなペースト状になります。

これそのものを食べるというより、熟成の過程でできた旨味を利用し、野菜や肉・魚を漬けてより美味しくするための漬物に向きます。

 

さてさて、米田酒造では先代の女将さんが奈良漬をつけていました。
kura_20200601_03.jpg

kura_20200601_08.jpgkura_20200601_07.jpg

kura_20200601_09.jpg

 

肝心の粕床の味付けに使っていたのは、米田酒造謹製の「酒粕取り焼酎 七宝25度」「本みりん 七宝」です。

「酒粕取り焼酎 七宝」は、酒粕を蒸留して造った昔ながら焼酎で、同じ「豊の秋」の酒粕を使っているので相性はもちろん抜群。

「本みりん 七宝」も、島根県産のもち米と酒造好適米から作った米麹で造り、砂糖を使わないで良いぐらいの濃厚な甘味があります。

この配合比を知りたいところですが、

感覚でやってるから・・・ドボドボドボドボドボドボ・・・あなた、自分の舌で決めなさい・・・ドボドボドボドボドボドボ・・・

kura_20200601_04.jpgkura_20200601_05.jpg

ということで、秘伝でございます(^^;

kura_20200601_10.jpg

どうぞ色々なレシピを参考に、今年は米田酒造の酒粕・焼酎・みりんで粕漬けにチャレンジしてみませんか?

酒粕はこちら
http://shop.toyonoaki.com/?mode=grp&gid=329399

焼酎はこちら
http://shop.toyonoaki.com/?mode=grp&gid=329303

みりんはこちら
http://shop.toyonoaki.com/?mode=grp&gid=328571

5月の松江はナンジャモンジャの花が見ごろ

雲州松江の風景 | 2020年5月12日

5月に入ると白い花を咲かせる街路樹が目に留まります。
ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の樹です。

松江城二の丸に立派な大木があり、市民にもよく知られるところですが、町中にも見かけることができます。

酒蔵から1本北側の通りは、松江城前を走る大手前通りです。そこにナンジャモンジャが通りの両側に植えられています。現在はまだまだ若木で寂しい感じですが、大きくなるのが楽しみです。

kura_20200515_01.jpg

kura_20200515_03.jpg

 

そして↓こちら、米田酒造の販売店舗の北側の京橋川通りにも。川沿いの植え込みの中に1本そこだけ真っ白くなってます。

kura_20200515_02.jpg

看板のうなぎ屋さんは、弊社の出雲地伝酒でタレを作っている「うなぎやくも」さんです。http://www.toyonoaki.com/jidenshu/unagi/

kura_20200515_04.jpg

kura_20200515_05.jpg

そして最も身近なところ。酒蔵の駐車場の一角。社長が手入れをしている植え込みにもナンジャモンジャがあります。近寄ると、ほのかな甘い香りに癒されます。

動画「仕込み工程」

酒蔵はいま | 2020年4月30日

松江市内のIT企業の匿名社員がVTuberとして松江(島根)の情報を発信する「ちぃさんねる」
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvK0GdvHy-LkS3n9ITSINYg

この度、「豊の秋が完成するまでの工程を密着取材」されました。

その動画第4弾、「仕込み工程」です。

動画「酒母造り工程」

雲州松江の風景 | 2020年4月15日

松江市内のIT企業の匿名社員がVTuberとして松江(島根)の情報を発信する「ちぃさんねる」
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvK0GdvHy-LkS3n9ITSINYg

この度、「豊の秋が完成するまでの工程を密着取材」されました。

その動画第3弾、「酒母造り工程」です。

動画「蒸す工程」

酒蔵はいま | 2020年3月30日

松江市内のIT企業の匿名社員がVTuberとして松江(島根)の情報を発信する「ちぃさんねる」
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvK0GdvHy-LkS3n9ITSINYg

この度、「豊の秋が完成するまでの工程を密着取材」されました。

その動画第3弾、「蒸す工程」です。

動画「洗米工程」

酒蔵はいま | 2020年3月13日

松江市内のIT企業の匿名社員がVTuberとして松江(島根)の情報を発信する「ちぃさんねる」
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvK0GdvHy-LkS3n9ITSINYg

この度、「豊の秋が完成するまでの工程を密着取材」されました。

その動画第2弾として「精米工程」です。

モロミの音

酒蔵はいま | 2020年2月29日

突然ですが、モロミが発酵しているときの音の違いを聞き比べてください。

仕込んで翌日ぐらい(だったかな)のモロミの様子です。

まだ溶け始めの硬い蒸米が、酵母が生み出す炭酸ガスで持ち上げられています。
割れ目から炭酸ガスがグツグツと吹きあがる様子が分かるでしょうか?

人類が木星の衛星「イオ」にたどり着いた時、きっとこんな光景を目にするのではないかと思います(笑)

 

続いて、それから2日後ぐらい(だったかな)のモロミの様子です。
蒸米も溶けだして、ほぼ液体という感じになりました。
酵母の発酵も旺盛な時で、自らの発酵の熱で温度が上昇している時期です。

 

 

仙台のフリーペーパーで紹介されました

酒蔵はいま | 2020年2月15日

2018年に出雲空港と仙台空港の直通便が出来ました。それにより、これまで半日かかっていたのが約90分で仙台ー出雲を行き来できるようになりました。

そうしたこともあり、仙台の働く女性を応援するフリーペーパー『Luccica』(ルチカ)さんが、島根の旅に来られた時に当蔵にも寄られたことが記事になっていますのでご紹介します。

実際に見学客として米田酒造に来ると、こんな感じなんだ、というのを感じていただけると思います。

↓↓リンクをクリック

Luccica.web 「ご縁も、美肌も、美味しいお酒も。“大人の美活旅” −島根県 出雲市・松江市編」
https://luccica-sendai.jp/life/6980/

kura_20200215_01.JPG


kura_20200215_02.JPG

 

動画「精米工程」

酒蔵はいま | 2020年1月31日

松江市内のIT企業の匿名社員がVTuberとして松江(島根)の情報を発信する「ちぃさんねる」
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvK0GdvHy-LkS3n9ITSINYg

この度、「豊の秋が完成するまでの工程を密着取材」されました。

その動画第1弾として「精米工程」です。

宍道湖北岸のコハクチョウ

雲州松江の風景 | 2020年1月14日

毎年10月中旬ごろになると、コハクチョウの飛来がローカルニュースになります。

松江市の東西にある宍道湖と中海は、コハクチョウの越冬の南限だそうです。

その中でも松江市民に身近なのは宍道湖北岸の地域ではないでしょうか。

kura_20200115_03.jpg

こちらは2019年10月のブログでも紹介したのと同じ場所です。
http://www.toyonoaki.com/kurabito/archives/2019/10/000864/

一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅から松江イングリッシュガーデン前駅の区間にあるので、これからのシーズン、出雲大社に向かう車窓からコハクチョウの飛ぶ姿を見ることができるのではないでしょうか。

kura_20200115_01.jpg

kura_20200115_02.jpg

kura_20200115_07.jpg

kura_20200115_05.jpg

kura_20200115_04.jpg

kura_20200115_06.jpg

検索

カレンダー

月別アーカイブ