松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

宍道湖北岸のコハクチョウ

雲州松江の風景 | 2020年1月14日

毎年10月中旬ごろになると、コハクチョウの飛来がローカルニュースになります。

松江市の東西にある宍道湖と中海は、コハクチョウの越冬の南限だそうです。

その中でも松江市民に身近なのは宍道湖北岸の地域ではないでしょうか。

kura_20200115_03.jpg

こちらは2019年10月のブログでも紹介したのと同じ場所です。
http://www.toyonoaki.com/kurabito/archives/2019/10/000864/

一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅から松江イングリッシュガーデン前駅の区間にあるので、これからのシーズン、出雲大社に向かう車窓からコハクチョウの飛ぶ姿を見ることができるのではないでしょうか。

kura_20200115_01.jpg

kura_20200115_02.jpg

kura_20200115_07.jpg

kura_20200115_05.jpg

kura_20200115_04.jpg

kura_20200115_06.jpg

しぼりたて純米木ふね搾り

酒蔵はいま | 2019年12月30日

しぼりたて新酒の第1弾、「しぼりたて 純米 生原酒 木ふね搾り」が好評をいただいてます。

豊の秋では、自動圧搾機と、「木ふね」と呼んでいる伝統的な木製の酒槽(さかぶね)があります。

自動圧搾機はスイッチの一押しであとは手放しでお酒が搾られるのに対し、木ふねでの酒搾りは、蔵人が2人がかりで約1時間程度かかります。
kura_20190101_01.jpg
kura_20190101_02.jpg
kura_20190101_03.jpg

このような状態になってしばらくしてから蓋を下して圧力をかけていきます。自動圧搾機では、タイマーで自動的に圧力が上がっていくのに対して、この木ふねでは蔵人がお酒のタレ具合を見ながら手動で圧力(油圧)をかけていきます。豊の秋でこのような搾り方をするのは、大吟醸とこの「しぼりたて 純米 生原酒 木ふね搾り」だけです。「木ふね搾り」という言葉から、手作業による味わいを感じ取っていただけたら幸いです。

kura_20190101_09.jpg

松江の冬グルメ「蒸し寿司」

松江の旬雲州松江の風景 | 2019年12月14日

酒造シーズンに何度か、蔵元が昼食に出前を取ってごちそうしてくださる「蒸し寿司」。
じつはこれ、松江ならではの冬の名物料理なのだそうです。

kura_20191215_01.jpg

セイロで蒸した温かいちらし寿司と言って想像できますでしょうか。
うなぎ、エビ、カニ、イカ、貝柱などが彩りよく豪華に盛ってあります。
食べ勧めると、底がスノコ状になっており、この弁当箱のような容器そのものがセイロになっています。

kura_20191215_03.jpg

今回ご紹介したのは、松江駅近くにある「千鳥寿し」さんの蒸し寿司です。

JR松江駅から宍道湖方向へ高架下をちょっと歩いたところにお店があり、ランチで気軽にこの蒸し寿司をいただくことができます。

かつて米田家は米田酒造とは別に米田酢造として、その名も「ヨネズ」という銘柄ので「お酢」を造っていたことがありました。(現在製造はしておらず、在庫もございません。)
それは穀物酢で、酒造でできた自家製の酒粕を混ぜでお寿司に合う味わいで、松江市内の寿司店に納めていたそうです。
その寿司店のひとつが創業100年を超える「千鳥寿し」さんです。

冬の松江にお越しになったら、ぜひ「蒸し寿司」を食べて帰ってください!

八百万の神様が集まる松江の神在月

雲州松江の風景 | 2019年11月30日

11月(旧暦の10月)は出雲地方に全国の神様がお集まりになる神在月です。

その場所は出雲大社が全国的にも有名ですが(今年は時に人が多かったと聞きます)、松江にも同じように神様が集まり神在祭が執り行われる神社がいくつかあります。

そのひとつが、5月のブログで紹介した佐太神社です。(これは6月30日の様子です)
kura_20191201_01.jpg

地元の人が「お忌みさん」と呼ぶ佐太神社の神在祭は、今年は11月20日から25日にかけてでした

この時期になると「お忌み荒れ」といって、だいたい天気が荒れます。

神様がいらっしゃった20日は、アラレが降り、虹がかかりました。期間中は穏やかな日が続きましたが、神様がお帰りになる25日は寒気による悪天で、やっぱりなんかあるよねという気にもなるものです。

「お忌みさん」と言うように、神様の会議を邪魔しないように笛や太鼓など音を鳴らさず、またノボリも立てることなくひっそりと過ごさなければならないのも、春祭りや秋祭りなどと違うところです。

本殿前には縄が張られ、それより先は神職でも立ち入ることのできない聖域となります。
kura_20191201_02.jpg

この日は平日の夜でしたが、老若男女、絶えることなくお参りにいらっしゃってました。「これで作法は合ってるんかな」とヒソヒソ声で静かにお参りしてる若者のグループが印象的でした。
kura_20191201_03.jpg

さて、佐太神社をお発ちになった神様は、松江市の東側で、宍道湖と中海の間を流れる大橋川沿いにある多賀神社にまたお集まりになります。ここでエビス様が釣りをするのを見物されるのだそうです。ちょうどこの時期は、日本海に戻るシーバス(スズキ)が釣れるポイントのようです。

kura_20191201_04.jpg

さらにその後、12月に入ってもなお松江市街の賣豆紀(めづき)神社(なんと私の氏神様)にいらっしゃいます。こちらの御祭神は大変美しい女神様なのだとか。

神様も離れがたい、魅力ある神々の国の首都・松江です。

令和元年酒造年度の新酒造りがスタートしました

酒蔵はいま | 2019年11月15日

11月中旬、豊の秋でも新酒造りがスタートしました。

この新酒造りのスタートを、私たちは蔵入りと言っています。なにをもって蔵入りと言うかは会社によって異なるようですが、豊の秋では、最初の酒母用の麹を洗う日を蔵入りとしています。

並行して、夏の間は酒蔵の片隅に片づけておいた設備類を引っ張り出してきて、酒蔵を本気モードに仕上げていきます。夏の間にたるんでいた我々の体も徐々に引き締まってまいります。

kura_20191115_01.jpg

そしてこの日からだいたい1か月ぐらい、12月中に最初のお酒が搾られ、それから来年3月ごろまで本醸造から大吟醸まで続々と豊の秋の令和元年酒造年度のしぼりたて新酒ができてきます。

kura_20191115_02.jpg

kura_20191115_03.jpg

毎年違うお米の出来と冬の気温で悩まされるところですが、今年も美味しいお酒ができますように頑張ります。

日本酒によく合う、「八雲いのししジャーキー」

酒蔵はいま雲州松江の風景 | 2019年10月31日

ここ数年、ジビエに注目が集まっています。
ジビエとは、「狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)」です。

このジビエに米田酒造の出雲地伝酒を利用した商品が発売されました。

「八雲いのししジャーキー」です。

kura_20191101_05.jpg

じゃん!

kura_20191101_01.jpg

松江市八雲町で加工処理されたイノシシ肉を出雲地伝酒に漬け込み、醤油で和風の味付けがしてあります。
噛めば噛むほど味が染み出してくる、ジューシーでソフトな仕上がりなので、日本酒(もちろん「豊の秋」)が進みすぎる危険なツマミです。

「八雲いのししジャーキー」を買える店(2019.10.25現在 クリックでHPまたは地図を表示します)

ファミリーマート 玉造温泉店(国道9号沿い)
ファミリーマート 江島大橋店(べた踏み坂の島根側)
道の駅 本庄(国道431号沿い)
ゆうあい熊野館(熊野大社の隣)
八百万マーケット(玉造温泉街)
美保館 本館 -Bar 神楽- (美保神社近く) 
Oh!mocha!(東出雲町)
PANTOGRAPH(松江市役所近く)
合同会社 弐百円オンラインショップ

 

「八雲いのししジャーキー」は、松江市地域おこし協力隊の卒業生の佐藤朋也さんと森脇香奈江さんが設立した「合同会社 弐百円」が開発・販売を手掛けています。kura_20191101_03.jpg

松江市では毎年、有害鳥獣によって年間約1000万円近くの被害額が出ていると言われ、その中でもイノシシによる被害が最も多いそうです。

かつて蔵人さんからも、イノシシにタケノコや畑の作物を食べられたり、体当たりされかけた、なんて話をよく聞きました。

そうしたイノシシは、捕獲されても食肉とされるのはそのうちの10%に満たないそうです。

イノシシの解体処理施設が市内には八雲町(米田酒造から車で30分)にしかなく、仕留めてから解体までに時間がかかると食用とならないので埋められてしまうのだそうです。

こうした鳥獣被害を取り巻く環境や課題に直面した二人は、それらと向き合うために自ら狩猟免許を取得し、会社を設立。

有害鳥獣として捕獲されたイノシシなどを地域資源として活かすため、「icas(イカス)プロジェクト」を立ち上げました。

kura_20191101_04.jpg

icas(イカス)プロジェクト
~野生鳥獣肉利活用プロジェクト~

有害鳥獣からの農作物被害対策を行い、
捕獲された有害鳥獣をなるべく埋設処理することなく
食肉加工処理等を行い ジビエ利活用や骨・皮なども活用していくことを
推進していくのが icasプロジェクト です

icas(いかす)
活かす…埋められていく命を地域資源として活かす
生かす…自然環境=山・森・里山を生かす
逝かす…捕獲した鳥獣を苦しませないように逝かす
イカす…魅力的で秀逸なイカした活動を行う

「八雲いのししジャーキー」のほか、「八雲いのししフランク」などを、「合同会社 弐百円オンラインショップ」のみならず、地域イベントに出店して販売しておられます。

kura_20191101_02.jpg

機会があったらどうぞ「豊の秋のブログを見た」とお声掛けしてみてください。

 

松江 水燈路 2019

雲州松江の風景 | 2019年10月15日

松江水燈路は、毎年9月下旬から10月末まで松江城周辺をライトアップする光のイベントです。
市民の手作りの行燈などによって、松江城と周辺の武家屋敷の街並みである塩見縄手が幻想的にライトアップされます。
kura_20191015_01.jpg
 
いろいろなイベントが開催されるのは週末ですが、平日でも18時~21時まで松江城二の丸の行燈展や天守閣への登楼ができます。
お仕事や観光でちょっと遅めに松江に着いた時でも、松江城に出かけてみてくださいませ。
 
kura_20191015_03.jpg
 
個人的に(写真を撮るなら)オススメなのが、空に青さの残る日没前後の時間帯です。
kura_20191015_02.jpg
 
暗くなると顔も見えないほど暗くなるので、カップルばかりになります(^^)
kura_20191015_04.jpg

そば畑

雲州松江の風景 | 2019年10月1日

松江市郊外、宍道湖の北側には田園地帯があります。

出雲大社へ通じる国道と一畑電鉄の線路に沿っているので、車窓からその風景を目にする人も多いと思います。

その多くは水田ですが、一部にそば畑があります。この時期は、稲刈りが終わった田んぼや晩生の稲穂に混ざって、そばの白い花を見ることができます。

kura_20191001_02.jpg

このそばは、減反政策による休耕田の活用として栽培が奨励され松江産そばとしてブランド化がすすめられてきました。

kura_20191001_01.jpg

明治維新の時に、松江藩の窮地を救った「玄丹かよ」(げんたんかよ)という女性がおったことから、「減反」と「玄丹」を掛けて、このそばは「玄丹そば」と呼ばれています。

kura_20191001_03.jpg

kura_20191001_04.jpg

 

これから新そばの季節。松江にお越しの際は、豊の秋と一緒に、松江産そば「玄丹そば」を味わってみてください。

黄昏の水辺

雲州松江の風景 | 2019年9月11日

日本一の美しさとも言われる宍道湖の夕景。

しかし、いつも美しい夕景が見られるわけではないのが悩ましいところです。なので、素晴らしい夕景に出会えた旅行客が、夢中になってスマホで写真を撮っているのを見ると嬉しく誇らしくなりますし、残念な時は申し訳ない思いになります。

ちょうど島根県立美術館で、夕日・夕景を描いた近代絵画を集めた「黄昏の絵画たち」展を観た直後だったので、勝手に便乗して黄昏の宍道湖を紹介しましょう。※宍道湖岸の駐車エリアは夕暮れ時には混雑します。そんなときは島根県立美術館の駐車場を利用するのが便利です。

日没の1時間ぐらい前の夕映えタイム。この時間帯は湖岸に出るより、大橋川にかかる新大橋やくにびき大橋からの眺めが良いですね。太陽の光に建物や柳の葉が照らされ、町が輝いて見えます。

kura_20190915_01.jpg

夕映えの町を楽しみながら南側の湖岸へ出ると、逆光によるドラマチックな光景が広がります。

kura_20190915_02.jpg

kura_20190915_03.jpg

空の色が映る湖面が夕焼けの魅力を倍増します。

kura_20190915_04.jpg

kura_20190915_05.jpg

kura_20190915_06.jpg

黄昏時の宍道湖畔は、日常の一日を終えた地元民と非日常の一日を終えた旅行客のシルエットが入り交じり、なんともいえない郷愁を誘います。

そしてその翌日はパステル調の夕暮れに。優しく柔らかい光に包まれます。

kura_20190915_07.jpg

kura_20190915_08.jpg

kura_20190915_09.jpg

日が沈んだ途端に立ち去っちゃう人が多いんですが、それはちょっともったいないくて、太陽が見えなくなってからの20分間がさらに美しい光景に出会えるチャンスです。

 

松江市景観重要樹木と筋違橋

雲州松江の風景 | 2019年8月31日

松江市街は松江城を囲む堀川が流れています。

松江城の西側に、外堀にあたる四十間堀川が流れており、それに沿って城山西通りという大通りが走っています。

個人的な話で、最近、城山西通りを車で通ることが多くなり、雰囲気があるなといまさら気づいた景色があります。

kura_20190901_01.jpg

大きくせり出した樹と、木造の橋の取り合わせ。車道からだと、また違った感じで見えるんですが、歩道からの光景です。

そしたらなんと、この足元には下ようなプレートがありました。

kura_20190901_02.jpg

左側の樹は景観重要樹木に指定されているのだそうです。
景観法に基づき指定された、地域のシンボルとなり良好な景観を形成する樹木(天然記念物は除く)ということらしいです。

どうりで自分も気になってしまったわけだ。

kura_20190901_03.jpg

 

木造の橋も気になるので行ってみましょう。ぐるっと橋の南側に回ってみます。写真の奥が北になり、松江城のある方角です。

kura_20190901_04.jpg

↑の道を真っすぐ行くと、、、、道が筋違いになるように橋が架かってます。城下町あるある。
kura_20190901_05.jpg

kura_20190901_06.jpg

橋の北側(防御側)から南側を見たところです。人の姿の見えるあたりが「矢溜」(やだまり)の部分でしょうか。

kura_20190901_07.jpg

kura_20190901_10.jpg

橋を渡らずに東に折れると、散歩するのに気持ちのいい柳並木が続きます。これをずっと行くと茶町や京店といった商店街に出ます。

kura_20190901_08.jpg

いま歩いたエリアは、松江市役所からちょっと北西に歩いた位置にあります。しかも途中に、カフェや人気のパン屋、食事処もあり。kura_20190901_09.jpg

松江市役所の駐車場は、土・日・祝日は観光客に開放されています。松江城前までも歩いてすぐですので、こちらに車を止めて城下町の面影の残る道をたどってお城に登るのもいいかもしれませんよ。

検索

カレンダー

月別アーカイブ