松江の銘酒、豊の秋 - 「豊の秋」醸造元 米田酒造株式会社

0852-22-3232

蔵人は今

松江 水燈路 2019

雲州松江の風景 | 2019年10月15日

松江水燈路は、毎年9月下旬から10月末まで松江城周辺をライトアップする光のイベントです。
市民の手作りの行燈などによって、松江城と周辺の武家屋敷の街並みである塩見縄手が幻想的にライトアップされます。
kura_20191015_01.jpg
 
いろいろなイベントが開催されるのは週末ですが、平日でも18時~21時まで松江城二の丸の行燈展や天守閣への登楼ができます。
お仕事や観光でちょっと遅めに松江に着いた時でも、松江城に出かけてみてくださいませ。
 
kura_20191015_03.jpg
 
個人的に(写真を撮るなら)オススメなのが、空に青さの残る日没前後の時間帯です。
kura_20191015_02.jpg
 
暗くなると顔も見えないほど暗くなるので、カップルばかりになります(^^)
kura_20191015_04.jpg

そば畑

雲州松江の風景 | 2019年10月1日

松江市郊外、宍道湖の北側には田園地帯があります。

出雲大社へ通じる国道と一畑電鉄の線路に沿っているので、車窓からその風景を目にする人も多いと思います。

その多くは水田ですが、一部にそば畑があります。この時期は、稲刈りが終わった田んぼや晩生の稲穂に混ざって、そばの白い花を見ることができます。

kura_20191001_02.jpg

このそばは、減反政策による休耕田の活用として栽培が奨励され松江産そばとしてブランド化がすすめられてきました。

kura_20191001_01.jpg

明治維新の時に、松江藩の窮地を救った「玄丹かよ」(げんたんかよ)という女性がおったことから、「減反」と「玄丹」を掛けて、このそばは「玄丹そば」と呼ばれています。

kura_20191001_03.jpg

kura_20191001_04.jpg

 

これから新そばの季節。松江にお越しの際は、豊の秋と一緒に、松江産そば「玄丹そば」を味わってみてください。

黄昏の水辺

雲州松江の風景 | 2019年9月11日

日本一の美しさとも言われる宍道湖の夕景。

しかし、いつも美しい夕景が見られるわけではないのが悩ましいところです。なので、素晴らしい夕景に出会えた旅行客が、夢中になってスマホで写真を撮っているのを見ると嬉しく誇らしくなりますし、残念な時は申し訳ない思いになります。

ちょうど島根県立美術館で、夕日・夕景を描いた近代絵画を集めた「黄昏の絵画たち」展を観た直後だったので、勝手に便乗して黄昏の宍道湖を紹介しましょう。※宍道湖岸の駐車エリアは夕暮れ時には混雑します。そんなときは島根県立美術館の駐車場を利用するのが便利です。

日没の1時間ぐらい前の夕映えタイム。この時間帯は湖岸に出るより、大橋川にかかる新大橋やくにびき大橋からの眺めが良いですね。太陽の光に建物や柳の葉が照らされ、町が輝いて見えます。

kura_20190915_01.jpg

夕映えの町を楽しみながら南側の湖岸へ出ると、逆光によるドラマチックな光景が広がります。

kura_20190915_02.jpg

kura_20190915_03.jpg

空の色が映る湖面が夕焼けの魅力を倍増します。

kura_20190915_04.jpg

kura_20190915_05.jpg

kura_20190915_06.jpg

黄昏時の宍道湖畔は、日常の一日を終えた地元民と非日常の一日を終えた旅行客のシルエットが入り交じり、なんともいえない郷愁を誘います。

そしてその翌日はパステル調の夕暮れに。優しく柔らかい光に包まれます。

kura_20190915_07.jpg

kura_20190915_08.jpg

kura_20190915_09.jpg

日が沈んだ途端に立ち去っちゃう人が多いんですが、それはちょっともったいないくて、太陽が見えなくなってからの20分間がさらに美しい光景に出会えるチャンスです。

 

松江市景観重要樹木と筋違橋

雲州松江の風景 | 2019年8月31日

松江市街は松江城を囲む堀川が流れています。

松江城の西側に、外堀にあたる四十間堀川が流れており、それに沿って城山西通りという大通りが走っています。

個人的な話で、最近、城山西通りを車で通ることが多くなり、雰囲気があるなといまさら気づいた景色があります。

kura_20190901_01.jpg

大きくせり出した樹と、木造の橋の取り合わせ。車道からだと、また違った感じで見えるんですが、歩道からの光景です。

そしたらなんと、この足元には下ようなプレートがありました。

kura_20190901_02.jpg

左側の樹は景観重要樹木に指定されているのだそうです。
景観法に基づき指定された、地域のシンボルとなり良好な景観を形成する樹木(天然記念物は除く)ということらしいです。

どうりで自分も気になってしまったわけだ。

kura_20190901_03.jpg

 

木造の橋も気になるので行ってみましょう。ぐるっと橋の南側に回ってみます。写真の奥が北になり、松江城のある方角です。

kura_20190901_04.jpg

↑の道を真っすぐ行くと、、、、道が筋違いになるように橋が架かってます。城下町あるある。
kura_20190901_05.jpg

kura_20190901_06.jpg

橋の北側(防御側)から南側を見たところです。人の姿の見えるあたりが「矢溜」(やだまり)の部分でしょうか。

kura_20190901_07.jpg

kura_20190901_10.jpg

橋を渡らずに東に折れると、散歩するのに気持ちのいい柳並木が続きます。これをずっと行くと茶町や京店といった商店街に出ます。

kura_20190901_08.jpg

いま歩いたエリアは、松江市役所からちょっと北西に歩いた位置にあります。しかも途中に、カフェや人気のパン屋、食事処もあり。kura_20190901_09.jpg

松江市役所の駐車場は、土・日・祝日は観光客に開放されています。松江城前までも歩いてすぐですので、こちらに車を止めて城下町の面影の残る道をたどってお城に登るのもいいかもしれませんよ。

松江 寺町

雲州松江の風景 | 2019年8月13日

酒蔵のある松江は、宍道湖と中海つなぐ大橋川を挟んで南北に分かれています。

川の北側は橋北と呼ばれ、松江城やこの酒蔵があります。川の南側は橋南と呼ばれ、鉄道や国道9号が走ってます。

この橋南に、寺院の多い地区「寺町」があります。JR松江駅前の歓楽街から続いているため、いいお店を探しているうちに寺町に踏み込んでいたなんてこともあるでしょう。実際いいお店は多いです。

kura_20190815_01.jpg
 

それはさておき、

松江城と城下町は堀尾吉晴によって1607年から建設が始まります。それまでの松江はほぼ湿地のような場所であったそうです。城下建設の際、堀尾氏が前の居城の富田城(安来市広瀬町の月山富田城)から10以上の寺院を移転し、20近くの寺を配置した地区が寺町となっています。

kura_20190815_05.jpg
寺町の真ん中あたりから。稜線の左側に松江城があるのが分かるでしょうか?

↓もう少し東側を向くと、豊の秋の酒蔵と煙突が見えます(真ん中あたり)。(クリックすると大きな画像になるので探してみてください。)

kura_20190815_06.jpg

 

南側にも寺が並びます。写真右上の方には宍道湖と嫁が島が見えますね。
白いビルの向こうの、こんもりした山のあたりに堀尾家の菩提寺「円成寺」があります。kura_20190815_07.jpg

 

と、ここに多くの寺が配置されたのは、松江城への攻略コースに当たるため、いざというときの陣地を構えるためとも言われています。
それを示すかのように、寺町の周辺には折れ曲がった十字路「鉤型路」が密集しています。

kura_20190815_02.jpg

道がまっすぐに交差していないのが分かるでしょうか。
写真の奥側が松江城のある方角です。城に攻め込もうとする我々からすると、行き止まりに見みえるので進軍の勢いが削がれてしまうというわけです。

町の内側に入ると小径があり、雰囲気を残しつつ整備されており、清々しく歩きやすくなっています。
kura_20190815_03.jpg

この道を奥に向かうと大橋川に当たり、魚市場もあったりして、その目の前の橋を渡ればすぐ米田酒造です。
kura_20190815_04.jpg
私は、徒歩で通勤するときは好んでこの道を通ります。皆さんも駅周辺で泊まった朝、川辺や湖畔へ散歩するときは、大通りから一本入ってみると、より松江らしさをを感じられるかなと思います。

白潟天満宮夏祭り

雲州松江の風景 | 2019年8月1日

毎年7月24日、25日は松江の白潟天満宮夏祭りです。

白潟天満宮は松江駅のほど近くの街中にあり、歓楽街も近いことからお祭りには夏休みに入ったばかりの子供たちを中心に老若男女で大変に賑わいます。

24日は前夜祭で、松江城から天満宮までの400年の歴史のある「みこし渡御」が行われます。

神輿は天満宮での出御祭(17時)ののち松江城へ渡御します。

そして天満宮に戻るために松江城を出発するのは19時。松江城では特にすることはないそうであります。

kura_20190801_01.jpgkura_20190801_02.jpg

出店で賑わうのは門前エリアなので松江城周辺の観客はまばらです。この時間は普通の人は天満宮の方に向かいます。私も松江城から神輿が出てくるのをはじめて見ました(^^ゞ

kura_20190801_03.jpg

kura_20190801_04.jpg

殿町商店街を抜けて行きます。手前を進むのが女宮(女みこし)です。

kura_20190801_06.jpgkura_20190801_05.jpg

京店商店街を抜け、松江大橋を渡ります。

kura_20190801_07.jpg

天満宮はもうすぐなので、ちょっと休憩して門前やモデルになっていただいたお店の紹介など~。
こちら天満宮前のいちばん密度の高い地点。松江じゃないみたいです(笑)
kura_20190801_08.jpg

 

kura_20190801_13.jpg

kura_20190801_14.jpg

商店街には3件の老舗和菓子店があり、わらび餅の実演販売や限定の冷たいお菓子。

市内の人気のパン屋「pantograph(パンタグラフ)」とセレクトショップ「TRIBECA」のコラボ屋台。
kura_20190801_16.jpg

豊の秋 ゆず酒を推してくれています串焼きダイニング「Miss AGATHA(ミスアガサ)」。

kura_20190801_15.jpg

島根の工芸と食品のセミオーダーギフトショップ「YUTTE」ではフードデザイナー・太田夏来のスリランカカレー。

kura_20190801_21.jpgkura_20190801_20.jpg


松江は日本茶だけでなく珈琲も盛んです。創業47年になる青山珈琲
kura_20190801_17.jpg

オシャレな店だけでなく、ふつうに縁日らしい屋台もありまして、
kura_20190801_18.jpg

名物「うなぎ釣り」。うなぎも高くなりましたから皆必死。
kura_20190801_19.jpg

さてそうこうしてるうちに神輿は門前の商店街に到着。このとき20時ぐらいです。kura_20190801_09.jpg

kura_20190801_12.jpg

これ、知らない人が多いんですが、毎年ここでこのタイミングで豊の秋の樽を使ってもらって鏡開きがされます。
今年は副市長、日銀支店長、商工会議所会頭さんたちによって鏡が割られ御神酒が担ぎ手だけでなく、どなたにもふるまわれました。
kura_20190801_10.jpg

kura_20190801_11.jpg

「豊の秋うめー!」って声が聞こえてくるの、うれしいですよね。

観光列車「あめつち」に関して感謝状をいただきました

酒蔵はいま | 2019年7月11日

山陰本線を走るJR西日本の観光列車「あめつち」が7月1日で運行1周年を迎えました。
「あめつち」では、豊の秋の純米吟醸「花かんざし」を車内販売限定の特別ラベル品として採用いただいています。
そうしたことからこの度、JR西日本様より感謝状をいただきました。
今後とも皆さまに喜ばれるお酒を醸し、山陰観光に寄与できますよう精進いたします。

kura_20190702_01jpg.jpg

JR西日本米子支社 山陰地域振興本部 木内吾平課長(山陰いいもの探県隊キャプテン)(右)から
感謝状を受け取る社長(左)

 

kura_20190702_05.jpg
※「あめつち」オリジナルラベルのお酒は「あめつち」車内のみでの販売です。

さてさて、改めて観光列車「あめつち」を紹介いたしますと、「あめつち」は山陰本線の鳥取駅から出雲市駅を走るJR西日本の新車両で2018年7月1日より運行開始しました。

kura_20190702_03.jpg

「あめつち」の車名は「天地の初発の時(あめつちのはじめのとき)」という古事記の書き出しに由来しています。

車体は山陰の海や空を表現する深みのあるブルーを基調とし、下部に山陰の山並みや”たたら製鉄”による日本刀の刃紋をイメージした銀色の帯があしらわれています。内装は山陰の工芸品や工業製品であしらわれ、車内では山陰の素材を使った弁当やスイーツや飲み物を楽しむことができます。

鳥取駅から出雲市駅までの主要な駅で乗降できるので、山陰旅行の一部を「あめつち」で移動するなんてこともできます。この夏はぜひ、この「あめつち」に乗って豊の秋を飲みながら山陰旅行を楽しんでください!
kura_20190702_02.jpg

kura_20190702_04.jpg

観光列車「あめつち」について詳しくはこちら↓↓
https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_tottori/ametuchi/

あめつち試乗記はこちら↓↓
http://www.toyonoaki.com/kurabito/archives/2018/06/000804/

白潟天満宮夏祭り

雲州松江の風景 | 2019年7月1日

毎年7月24日、25日は松江の白潟天満宮夏祭りです。

白潟天満宮は松江駅のほど近くの街中にあり、歓楽街も近いことからお祭りには夏休みに入ったばかりの子供たちを中心に老若男女で大変に賑わいます。

24日は前夜祭で、松江城から天満宮までの400年の歴史のある「みこし渡御」が行われます。

神輿は天満宮での出御祭(17時)ののち松江城へ渡御します。

そして天満宮に戻るために松江城を出発するのは19時。松江城では特にすることはないそうであります。

kura_20190801_01.jpgkura_20190801_02.jpg

出店で賑わうのは門前エリアなので松江城周辺の観客はまばらです。この時間は普通の人は天満宮の方に向かいます。私も松江城から神輿が出てくるのをはじめて見ました(^^ゞ

kura_20190801_03.jpg

kura_20190801_04.jpg

殿町商店街を抜けて行きます。手前を進むのが女宮(女みこし)です。

kura_20190801_06.jpgkura_20190801_05.jpg

京店商店街を抜け、松江大橋を渡ります。

kura_20190801_07.jpg

天満宮はもうすぐなので、ちょっと休憩して門前やモデルになっていただいたお店の紹介など~。
こちら天満宮前のいちばん密度の高い地点。松江じゃないみたいです(笑)
kura_20190801_08.jpg

 

kura_20190801_13.jpg

kura_20190801_14.jpg

商店街には3件の老舗和菓子店があり、わらび餅の実演販売や限定の冷たいお菓子。

市内の人気のパン屋「pantograph(パンタグラフ)」とセレクトショップ「TRIBECA」のコラボ屋台。
kura_20190801_16.jpg

豊の秋 ゆず酒を推してくれています串焼きダイニング「Miss AGATHA(ミスアガサ)」。

kura_20190801_15.jpg

島根の工芸と食品のセミオーダーギフトショップ「YUTTE」ではフードデザイナー・太田夏来のスリランカカレー。

kura_20190801_21.jpgkura_20190801_20.jpg


松江は日本茶だけでなく珈琲も盛んです。創業47年になる青山珈琲
kura_20190801_17.jpg

オシャレな店だけでなく、ふつうに縁日らしい屋台もありまして、
kura_20190801_18.jpg

名物「うなぎ釣り」。うなぎも高くなりましたから皆必死。
kura_20190801_19.jpg

さてそうこうしてるうちに神輿は門前の商店街に到着。このとき20時ぐらいです。kura_20190801_09.jpg

kura_20190801_12.jpg

これ、知らない人が多いんですが、毎年ここでこのタイミングで豊の秋の樽を使ってもらって鏡開きがされます。
今年は副市長、日銀支店長、商工会議所会頭さんたちによって鏡が割られ御神酒が担ぎ手だけでなく、どなたにもふるまわれました。
kura_20190801_10.jpg

kura_20190801_11.jpg

「豊の秋うめー!」って声が聞こえてくるの、うれしいですよね。

社長宅のビワを収穫、そしてカクテルに

雲州松江の風景 | 2019年6月24日

メールマガジンで「松江でもあちこちの民家の庭でビワが生ってるのを見かける季節になった」と書いたところ、
社長から「家にも生ってるから取ってよ」と声がかかりビワ取りへ。

庭、というか建屋の隙間の小さな土地から伸び、屋根の上に広がった枝にたわわに実ってました。

kura_20190701_01.jpg

枝からもいだ実を食べると結構すっぱくてジューシー。品種は「田中」といって、大粒で酸味が強く果汁が多いのが特徴だそう。
「昔はこうやって木に登って食べたものだ」と社長。私も祖父が山から取ってくるのを食べていたので、ビワは買って食べるものという意識は薄いかもしれませんね。

kura_20190701_03.jpg

屋根の上で高枝切りバサミと格闘すること小一時間、豊の秋の一升瓶2本入り袋で4つ分の収穫となり、従業員みんなで山分け。
社長、ごちそうさまでした。

kura_20190701_02.jpg

 

さあこの社長ビワ、ただ食べるだけでは芸がないな、そうだ日本酒カクテルにしよう!

ということで前回ブログでも紹介した寺町Barカクテルアンドハートに持ち込みます。
※持ち込みと撮影は承諾を得て行っています。

早速ビワをカットして味見をしてみるマスター。「酸味も甘さもしっかりあって思ってたより美味しいじゃん」ってことで
ビワを潰してジュースを作り、カクテル用純米酒MOTOZAKE本みりん七宝でちょっと試作。

kura_20190701_07.jpgkura_20190701_08.jpg

う~ん、もうひとオシ欲しいな、でもリキュールはあまり使いたくないしな、と、たまたま持ち歩いていた出雲地伝酒に「なにそれ?」と目をつけるマスター。
味見して「なにこれ面白い酒だね!」となにかひらめいたのか、今度は
地伝酒を加えてシェイク!

kura_20190701_05.jpg

kura_20190701_04.jpg

kura_20190701_06.jpg

社長ビワ、MOTOZAKE、本みりん、地伝酒と氷以外すべて米田酒造の材料でカクテルが完成。

ビワの酸味にみりんの甘味に地伝酒のコクが加わり、乳酸菌飲料を思わせるどこか懐かしさを感じる優しい甘酸っぱさのカクテルができました。

松江寺町「出世稲荷神社」夏祭りに出店

雲州松江の風景 | 2019年6月13日

松江駅から宍道湖に向かって徒歩10分ぐらいのところに、寺町というエリアがあります。
名前の通り寺院の多い場所なのですが、かつては映画館にショッピングセンターやレコード店、
パチンコ店や飲食店が立ち並びごちゃごちゃっと賑わっていた場所でもあります。
現在は再開発され見通しが良くなっていますが、一つ裏の道に入ると地元民が通う隠れた
人気店(なんだそりゃ)が集まっているエリアです。

そういった場所にあるのが今回の「出世稲荷神社」です。
開運出世に特にご利益があるということからいつの間にか「出世稲荷神社」という呼び名となったそうです。
かつては松江城の近くにあり代々の松江藩主の信仰を集めたとのこと。
明治に入り現在の場所に遷り、松江でも1、2を争う規模の神社だったものの昭和24年の大火で全焼してしまい、
平成9年に社殿が造営され現在の境内になりました。

kura_20190615_01.jpg

kura_20190615_02.jpg

kura_20190615_03.jpg

こうした出世稲荷神社では6月10日の大祭に合わせて4年前から賑わい創出のための(松江一早い)夏祭り
イベントを開催しています。

さて当日6月9日(日)は前日の雨も止み、梅雨入り直前のちょっとひんやりした風の心地よい快晴に恵まれ
絶好の昼酒日和となりました。

kura_20190615_04.jpg

境内では地元飲食店による屋台や、有志による手打ちそば、老舗和菓子店のかき氷、プロやアマによる
奉納演奏が行われました。

kura_20190615_08.jpg

kura_20190615_06.jpgkura_20190615_07.jpg

釜揚げそばと言って、茹でたそば湯ごと器に盛ってそこにツユを掛けていただく出雲そばの独特のスタイル。

老舗和菓子店「彩雲堂」さんのかき氷。同じ松江の茶舗の抹茶を使ってるとのこと。この日は暑かったので人気。

kura_20190615_11.jpg

豊の秋もご縁あり、3年前から同じ寺町にある隠れ家的Bar「カクテル&ハート」とコンビを組んで
日本酒カクテルの出店をしています。
カクテル用純米酒MOTOZAKEを使ったスタンダートなサケ・カクテルやその
MOTOZAKEと同じ原酒を使用した
豊の秋 ゆず酒を使ったスプモーニ。地元産トマトやキウイを丸ごと1個使った本気カクテルを提供。

kura_20190615_05.jpg

kura_20190615_12.jpgkura_20190615_13.jpg

映えるので地元テレビ局からもガッツリ撮影されました。

kura_20190615_14.jpg

となりのテントからいい匂いを漂わせる最近近所にOPENしたハンバーガー屋(LOVE your neighbor)さん。
飲みのシメにハンバーガーって人たちで夜な夜な賑わってるらしいです。もちろん子供にも人気。

kura_20190615_09.jpg

kura_20190615_10.jpg

これも近所にスタジオを構え、松江を拠点に活動しているデュオX[iksa](イクサ)。
バイオリンはともかく、グランドハープが突然現れたらそりゃあビックリしますよね。この日いちばん静かに盛り上がりました。

kura_20190615_15.jpg

拝殿では、奏楽と巫女舞が随時奉納されました。旧松江市内で巫女舞が残る神社は出世稲荷神社と白潟天満宮とのことで、
この日のために特訓したという巫女舞が披露されました。
kura_20190615_16.jpg
20時からはこちらの禰宜でもあるLA在住のジャーナリスト はせがわいずみさんによるHollywoodエンタメトークショーが
行われ21時まで盛り上がりました。
kura_20190615_17.jpg
 
そんな松江三大稲荷の出世稲荷神社は松江駅の歓楽街に近くにありますので出張で来られた方どうぞどうぞお参りください。

検索

カレンダー